FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び名

皆さん色々な名称で他の方から呼ばれつつ生活されていると思います。
私はもしかすると相手の数だけ呼び名があるかもしれません(え?)
私は母や兄弟から“お姉ちゃん”と呼ばれたり、子供から“お母さん”と呼ばれたり----友達から愛称で呼ばれたり色々です(^^)
呼んでいる人からするとその人にとっての私のイメージなんでしょう、色々あっても全部私の事なので、私は相手の呼びやすいように呼んでもらえれば、特に何と呼ばれようと気にしないというか、こだわりはありません。

お勤めの方などは役職(係長とか、課長とか)などで呼ばれたり、学生さんだと先輩!などと呼ばれたりするかもしれませんねー

役職にはついた事がありませんでしたので、未経験ですが学生時代には先輩!と呼ばれた経験は私にもあります。多数の先輩の1人なんですけど、悪い気持ちにはならないから面白いものですね(^^)

私は、あまり拘りがないものですから、相手の思うがままというか-----どんな呼び名でも受け止めちゃう性質でして、学生時代とお勤め時代に、変な愛称をつけられた事がありました。

学生時代の話。
私のファーストネームはちょっと変わっているんですが(そんなに珍しくはないと私は思っているんですがA^^;)たまたま所属したサークルに同じF.nameの先輩が御出でになりまして-----私と同じ方ってのは、今まで同じ学年やクラスにいた経験はありませんでした。過去同じ時期に同じ学校に所属していたというのも未経験でしたので(友達の友達に同じ名前の人いるよ~はあったかな?)私は何だか変な気持ちになりました。
厳密に言うと私と先輩は、漢字が違うので同名ではないんですけど、それでも偶然自分と同じ名の人にあって、お互いちょっと笑っちゃうというか-----妙な感じでしたね。

まあ、先輩ですから既にそのサークル仲間ではF.nameを呼ばれると、その先輩の事な訳です。今まで街中で呼ばれても自分しか振り向かない様な状態だったのに、私じゃない人が呼ばれているんで、最初は混乱しました(^^;)
しかし、先輩方が新入生の私にそんなに用事がある訳もなく、大抵先輩を呼んでいるんだろう!と気にしない事にしてました。第一、不慣れな私をF.nameで呼ぶ人は少なかったですし(^m^)

しかし----私自身よりも、周りが気遣うというか混乱するというかあったんでしょうねぇ。
ある日部長に呼ばれまして “混乱するといけないしあなたも困ると思うから、あなたはニックネームで呼ばせてもらってもいいかな?” と言います。私はどうせなら同姓が居ないんだから苗字に統一してくれればいいのに-----と思ったんですが、折角先輩方が話し合った(?)末の結論だから意見は言わず従う事にしました。その愛称を聞きもせず“いいですよ(^^)”と合意してしまったんです、でもその先輩方がつけてくれた愛称とは“ジュニア”でした(え?)

正直、同名の先輩は年が上というだけ(しかも1コ)でとくに姉御肌という事もなく、後輩の面倒見も良い方ではありませんでしたし、第一私と懇意な付き合いがある訳でもなく、多数いる部員の1人であるという関係だけなんですけど-----ジュニアって(^^;)?
まあ、私の外見が小さい(私はとっても小さいです!!)し、実年齢よりもかなり子供っぽいから、そう言うイメージに至っちゃったんだろうなーとは思ったんですが、色々な意味でちょっと失礼なんじゃないの?と一瞬感じました。
でもまあ、私を思って(自分達の為もあるのか?)の気遣いらしいですから、笑って受けることにしました。その日から私はサークル関係者にはジュニアと呼ばれる事になりました。
しかし、変な愛称のお陰で交流サークルの方にも良く覚えてもらったりして、悪い事(覚えられたくない場合もあったけどA^^;)ばかりではなかったのかもしれません。
普通なら、ジュニアの元がいてそちらがメインなんでしょうが、私の場合ジュニアである私の方が後半は目だってると笑われました(ギョ)


お勤め時代の話。
私の見た目は前述の通り、小さいです。何故かチビというニックネームがおじ様方はお好みなんでしょうか?“チビちゃん”と呼ぼうとしたおじ様がおりました(><)
しかし、会社でチビちゃんってあなた----どなたかに窘められたようで、何故かアニメの“ちびまる子ちゃん”を連想して、おじ様は私を“まる子”と呼ぶようになりました。(オイ)
私は、女性平均よりも随分長く(女性の勤続の短い会社でしたA^^;)勤めたんですけど、その間ずーっとその人は私を“まる子”と呼び続けました(殆どお局の域に達してるのに まる子 な私)
もっと上役のおじ様は、私を某アイドルの愛称で呼んでいました。
別に私がその某アイドルさんに似ているとかって事ではありません!単に私の旧姓がそのアイドルさんと同姓だったという理由だけです。そんな理由でアイドルの愛称で呼ばれると----超恥ずかしい(><)
ここでも私は“普通に苗字で呼んでくれればいいのに”と思いつつ、相手は私に愛称をつける事で何か親近感を表現しているんだろうなーと解釈し、特に拒みもせず怒りもせず受け止める事にしました。


実は私、自分の本当の名前に愛着があまりないものですから、何と呼ばれようとも悪い意味の愛称でなければ、特に気にならないんですよね(^^;)
こういう言い方をするのはどうかとも思うんですが、出席番号とか登録番号とかがあるならそんな番号で呼ばれても構わないって思ってるんですよ。
そうじゃなければ、ジュニアだのまる子だのって失礼な愛称を受け入れてないと思います。

これは私の成長環境が関係しているんじゃないかなーって思います。
私、生まれて直ぐについた愛称が、自分の名前と全く関係ない愛称だったんです。

赤ちゃんの名前が よしこ だったら よっちゃん なんて普通呼ばれたりしますよね?
まさみ だったら まーちゃん まさちゃん まみちゃん みーちゃん----
大抵は名前の一字に“ちゃん”をつけたり、文字数割愛したりそんな風に愛称ってつけますよね。
しかし私の幼少時代の愛称は、一文字も本名にかすってませんでした(><)

そんな間抜けな愛称を誰がつけたんだか-----祖母です(TーT)
私の生まれ育った近隣では、私の本名は知らないが愛称は知っている!という方が大勢おります(どんな浸透ぶりだよ!)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  話している時にポロリと私の本名が出て
  “え~◎◎(愛称)ちゃんは、
   ★★っていう名前なの?へぇ、知らなかった”
  と幼い頃からの知り合いに、言われた
  経験がある方ってあまり聞きません
  よね(^^;)私は何度もあります!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


つまり、私は幼い頃から本当の名前で呼ばれる機会があまり無い子だったんです。
家族がいるんじゃないの?とお思いでしょうか-----前述の通り祖母が主犯(犯罪者よばわり?)なので祖父も祖母に習えでしたし、父母は私をお姉ちゃん(不幸にも物心付いた時は姉だった)と呼んでいたものですから、親類は二者択一(?)的に愛称を選択。お姉ちゃんというのはどこのお宅にも居る事があって紛らわしいし、両親や兄弟以外が呼ぶのは相応しくない呼び名ですから、祖母のつけた間抜な愛称が自然と選ばれちゃうのは仕方ない事だと思います。
でも親戚も、名前に由来しない愛称を何故注意してくれなかったんだろう(^^;)
多分、愛称としては可愛らしい印象なのと、本名にかすっていないという事実を除けばよくある愛称だったからなんだろうなぁ。

そんな、なんの関連もない愛称を背負って私は思春期まで成長しちゃいました。
大きくなるにつれて、何故名前に関係ない愛称であちこちから呼ばれているの?という当然の質問にも慣れちゃって(クラス替えや新しいお友達にはよく質問されました)ああ周りが私とわかれば呼び名ってどうでもいいのかもしれないなーと思うようになっちゃったんです。
学校や習い事などで新しくお友達になると、女の子同士は“私を**って呼んで”とか“あなたはなんて呼べばいい?”と聞かれた事がありましたが-----私は“何でもいいよ(^^)”とか適当にやり過ごしていました(全く興味なし)
相手がインスピレーションで“じゃあ××って呼ぶね!”と言えばああそうなんだーと適当に受け入れてました。
簡単に言うと、相手が突飛な愛称を考えついたとしても、多分私は全部受け入れたでしょう。祖母や会社の上司のように変な愛称をつける人がたくさんいたら、私は変な愛称だらけの人生だったに違いありません(意外にも大抵の人は私の姓名に由来した愛称をつけてくれます)


ちなみに、配偶者は私に対して呼称を持っておりません
恋人時代は“ねぇ”とか“あの”、“貴女”でしたね。
名前呼ばれたのは-----あまり思い出せないです。別に呼ばれたいとも思ってませんでしたし、呼んでもらったからどうとも思わない性質なので、呼び名が無い事さえ気になってない私でした。
過去のお付き合いで、私の名前を照れながら呼んだり必死の決意で呼んでくれた男性がおりましたが------ごめんなさい、あまり感動も動揺も私にはありませんでした。というよりも相手が緊張している事が変におかしくて(なんて失礼な女でしょう)そうまでして呼ばなくてもいいのになーって感じでした。名前にこだわりがない私にとって自分の名前は識別記号のような存在だったので、響いてこないんですよね(ごめんね)
でも、それはいつか話さないと!と思いつつ話す前に終焉を迎えてしまってばかりいたんですよね----多分私の変な秘密(秘密なの?)を聞くに至ったのは配偶者だけじゃないかな(彼は興味なかったみたいだけど)

思春期頃、F.nameでお互いを呼び合うのが流行ったのか?やたらと私は本名で呼ばれるようになりました、しかしそれは学校にいるときだけ。自宅へ帰るとやっぱり例の愛称で呼ばれます。

祖母のつけた愛称から開放されたのは、結婚してからですねー(^^)

私を愛称で呼ぶ人が周りにいなくなりました。
義父母は私を本名で呼んでくれます。主人方の親類は皆さん私を名前で普通に呼ぶのです(当然です)。
母や兄弟は相変わらず“お姉ちゃん”と呼びます。
配偶者は子供ができてから私を“お母さん”と呼びます、子供もそれに習って同様に。
結婚後の生活空間では、私を配偶者の姓で皆さん呼びます。仲良しのママ友は私をF.nameで呼びます。

でも時々、祖母のくれた愛称が恋しく思われます----実家に帰ると、懐かしい顔が私をその愛称で呼んでくれます(^^)
あ-----実は祖父母も遠方で健在なんです(長生き&元気)時々会いに行きますが、私をやっぱりあの愛称で呼んでくれます(^^)




**ここから下は、私の勝手な意見なんで同意できな事もあるかもしれませんが苦情はご勘弁ください**







そんな私ですがただ1つ、呼ばれたくない名称があるんです。

今カノ です。

私ね-----個人的に今彼(今カノ)って表現に何だか違和感を感じます。
過去って誰にでもあるんで、何か表現をする時に “元彼(元カノ)” と表現するのは、仕方ないというか納得もできるんですけど、元来お付き合いの相手というか彼氏(彼女)というのは、1人であるのが普通だと思うんですよ。
まあ1人でない場合も多々あるかと思いますが、一応表面的にはどんな方でもどんな場合でも1人にしておきたいものですよね?という事は、その人じゃないお相手を指して “元彼(元カノ)” と表現するのは間違ってないと思うんです!
でもねー今彼(今カノ)って表現は、過去を踏まえて今って表現な訳で-----今の相手が過去と並列になった表現なんですよ!

過去と並列------それは無いでしょ!
過去は過去です(キッパリ)それがどんな思い出だろうが、何だろうが所詮過ぎた話ですよ。
終わってしまった話と並列で今を語られるとちょっとねぇ(--;)
私が嫌なら他所へ行けってな気分になります。

彼氏(彼女)というのは、お父さん(お母さん)という呼称と一緒で唯一無二と定義されている特別呼称だと私は思っています。
勿論、彼氏(彼女)という言葉を別のニュアンスで使わないとは言いませんが、大抵特定の異性を恋愛関係として指す場合は、特別呼称でしょう!!!!
それに対して 元 と付けるのは、便宜上仕方ないし、付ける事で一段上げるという意味もあるでしょう----しかし 今 とつけるのは、ちょっと軽すぎやしませんかね?と思う訳ですよ。
軽いというか----なんか今があるなら未来もあるんじゃなの?的な雰囲気も出ちゃうというか-----あくまでも今現在その人が一番ならあえて 今 と断る必要はないんじゃないの?と思われてなりません。
正直 元 と添付する事で、若干上から目線になる感じがあります。ということは 今 とつける事もそれにつながるんじゃないかなーと思われてなりません。

本当は 元 も 今 もなく、彼女というのは(便宜上)1人で、自身が同性も異性もOKなら仕方ないですが、異性専門ならば“過去の人”位の言い様で表現としては充分なんじゃないかなーと思ったりするんですが、そう極端ですとちょっと愛想がなさすぎですから、元彼(元カノ)とやんわり表現するのは、厭えませんねー。
聞いたり方も過去の人ってのは冷たいねーと聴き難い感じもうけるでしょうしねー
私もどこかで誰かに 元カノ と表現されているのかなーと思えば、過去の人よりは何ぼかましかな?とも思いますし(^^)

しかし、もしも配偶者が私を 今カノ と誰かに(恋人時代だけど)言っていたとしたら-----ちょっと凹みますね。過去も未来もあるんですね----って思っちゃう。
未来の彼女は差し詰め 先カノ でしょうか(何いってんだ、私)

まあ、第三者に色々説明する便宜上なら、元カノ 今カノ 先カノ(ないだろ) って使うのは説明相手のために必要な気遣いかもしれませんが、軽々しく 今 と日常的に使ってるの方が増えてるようで、すごーーーーーーく雰囲気悪く思う私です。

komakoって結構古い人間かもしれません(--;)

テーマ : 複雑な心。
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

ふつう

結婚したら「今カノ」とは言わないよね。
それは固まってない人たちだからこその呼び名です。

■ おらんじぇ さんへ ■

ははは-----おっしゃる通り!
私が今後一生呼ばれないであろう呼称について、悩むのもおかしな話ですね(^^;)

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
09 ←2018/10→ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。