FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)病院へ行こう

前回の続きです。
まだご拝読でない場合は、先に 事の発端 をご覧下さい
配偶者と相談をし、検査可能期日を過ぎてから病院へ行くといっても、既に私の喘息発作はえらい状態になってました。毎夜毎夜発作で目覚めます事が続いておりましたし、日中の昼寝でも体を横たえれば同じ事でした。さりとて通常処方される薬を飲んでもよいのかどうか?

正直、私は喘息について相当無知でした。
妊婦における喘息発作の影響というのも知りませんでしたし、通常の処方が私個人の症状にあっているからといってそれが妊婦にどんな影響を与えるのかも、しりませんでした。
私がもしも新婚だったり、子供のいない夫婦だったりしたら、担当医も予備知識として私に教えてくれたかもしれません。しかし、発症した時点で私には大きな子供がいましたし、私自信も妊娠には遠い年齢でしたから、患者である私からお伺いを立てた訳でもないのに、わざわざ説明するという事はなかったんだと思います。別に担当医を恨んだりしてませんし、聞かなかった自分を悔やんだりもしてません。
取り合えず、何かあったら初期のうちに処方を停止すれば、そんなに問題はないだろう!と素人考えをめぐらす程度の私でした。しかし-----運が悪い事に、症状の一番出やすい時期に妊娠が発覚するとは、流石の私も想像もしてませんでした。
結局、早々に薬を絶ったのは正解だったんですが、妊娠検査に行った病院で産科の先生が哀れむ程私は、花粉と喘息にやられまくっていたようです。
その割りに、本人はつわりの苦しさの方が辛く感じていたりして、どうも私の観点は他の方とはズレているようです(今更ですけどねA^^;)

花粉も喘息も専門外ですから、発作を多少緩和する処方はできても、しっかり抑えるのは難しいと産科では言われました。それでも何もないよりいいですから、呼吸器科の定期健診まで間持たせ出来る薬を処方してもらいました。まるで妊娠検査がついでのような状況対応でしたね、時期から言ったら当然の優先順位だったんでしょう。

妊娠検査の結果は見事陽性でした!

しかし、まだ初期も初期なのでおめでとうございます、とは言ってもらえませんでした。
実は、呼吸器科との連携も考えて同じ総合病院の産科を今回は選択しました。そのせいか?まずは1日も早く呼吸器科の検診を受けて見合う処方を受けて欲しいと言われました。
配偶者とも相談したのですが、予定ではそこから1週間先が呼吸器科の定期検診の予約日でしたが、日々酷くなるつわりに不眠では胎児への影響も悪そうですし、産科でも早々に!と言い渡されたので、一度予約変更を申し出てみようという事なりました。
正直、当時の私は予約した産科の検診に行くにも酷い乗り物酔い(妊婦になると酔います><)で移動だけでふらふらしており、1人でとても隣町にあるその総合病院までいくのだけでも辛い状況でしたから、予約もとらずに緊急受付を何時間も待つのは考えただけでも気分が悪くなりそうでした。(つわりで座ってても気持ち悪いしね)
産科は運悪く平日しか外来受付がなかったので、アキを確認し先方の都合優先で受診しましたが、呼吸器科は土曜日も外来がやっております。受付専門窓口へ緊急の旨連絡を入れ、同じ週の土曜日に何とか呼吸器科の受診を変更してもらえないかどうか、聞いてみる事に。
単純に総合病院だからか?近所では一際大きな病院だからか?わかりませんが、本当に予約していない場合の受診には果てしない待ち時間がかかります。
予定している外来が全て終了したところへ、無理矢理後付けするように入り込むんですから、受け入れてくれるお医者様がいなければ、見てもらえない可能性もあります。私は既にその呼吸器科に担当医がおり、事情も事情なので問い合わせてもらったところ先方も早々に来る事を望んだので、話は早かったですが、これが通いの病院でなかったら面倒な状態で長時間待たされるはめになったかもしれません。
土曜日には配偶者が休日ですから、子供を連れつつ同行してくれました。お陰で気分転換もできたのか、つわりも発作もそんなには酷くならずに待ち時間を過ごせました。
しかし、当時の私の状態はあまり初期妊婦には好ましくない状態だったようで、担当医からは注意を促されました。
でもねー、発作で眠れない事は辛かったけどその他はつわりの苦しさの方が勝ってて、あまり気にならなかったのよねー(果てしなくズレてます)
実は喘息の場合、妊娠初期の発作は母体の酸欠で流産というのはよくある話なんですって-----知らないって怖いですねー(^^;)まあ、酸欠になるほど発作が連続する事はその時なかったんですが、それにしても何があってもおかしくない時期でしたからね、大事にするに越した事はなかったんでしょう。(年齢もいってるしねー)
とりあえず、新しい薬を処方してもらいました。これは今までの処方とは別ものでしたので、なんとなく体がなれるまで効果が見えにくく感じました。それでも、飲まないよりはましで眠れないほどの発作はなくなりました。
早々に前の処方を絶っていた事はとてもよかったようで、赤ちゃんへの薬の影響は無しとこちらでも太鼓判を押されたのがとてもうれしかったです(実は苦しさよりもそこのところが一番気になってた、おぉ母性だわ)安全確認のできた新たな処方で、今後安定期まであまり感覚を空けずに経過を見ることで呼吸器科とは話がすみました。
さて、私は同病院で耳鼻科も定期受診しています。こちらも同様にその日に受診できたんですが、外用薬(点眼・点鼻)以外は処方をされなくなりました。喘息の処方のみで対応せよ!とのお達しのようです。
但し、呼吸器科のついでに経過をみたいので、同じペースで受診するように言い渡されました。


ここまで書いてなんですが-----持病をお持ちの方!若干年齢や体力に自信のない方!妊娠は思いの外大変です。経産婦(=出産歴のある妊婦)の私がつわり以外にこんなに悪戦苦闘するとは、想像もしてませんでした。というか-----自分の持病がこんなに厄介(未だに自覚症状はないんですが・ォィ)だとは想像もしませんでした、認識の甘さを痛感しております。

喘息は、妊娠後期にも発作を誘発するそうです-----ホルモンバランスに関連しているとか。
後期の場合は早産に繋がるんだとか----厄介な病気になったものですね、私。


ここまで、ご拝読くださった方にご心配を及ぼすといけませんので、現状報告------
つわりが済んで落着いた現在、各持病もそれに付随する発作も問題ございません!
(結石は、産科で対応してくれるそうなので、発作が出たら改めて考えます・相当楽天的な私)
処方は真面目に摂取してます(と思う)し、胎児への影響も今のところ見受けられません。

専門医の方々が呆れる位、暢気な私-----だってぇ、命に別状はない代わりに、誰にも止めてもらえない つわり が一番つらかったんだもん(マジで吐きっぱなしT▼T)

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。