FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここが原点

さて、マタニティーライフ中のkomako。それって原点がありますよね?そんな下世話なお話です。
はい、下世話ですみません 結果に基づく原因の話しでございます。
ですのでマタニティライフではなく、アレな話に分類してみました。
したがって---------
不快に思われる方は、スルーをして頂きたくお願い申し上げます
m(_ _)m




えーっと遡ります、結構月単位で。




まだ寒かったです。最近でも寒い日がありますが、それよりももっともっと本格的に寒さが染みる時期です。
その頃の私は、配偶者の出張の支度に追われておりました。
今までの出張よりも長期である事、いざ足りないものが出た場合簡単に揃える事ができない可能性のある海外出張である事、そんな理由から支度には色々気遣ったように記憶しております。
その詳細を前に記事で書いたかどうか-----忘れましたが、まあ妻として、同行の方の前で配偶者が恥をかかない程度の気遣いはしないと!と張り切っていたので、足りない品がないか?片付け下手な配偶者でも何とか整理しやすくはできないものか?と思案していたのは間違いないと思います。
当の配偶者は何してたの?って言うと、多少長期留守をするにあたって、自分の受け持ちの仕事をグループで振り分けたり、それに関する資料を作成したり、出来る限りキリの良い所まで仕事を進める等-----良くある下準備に追われていたようで、毎日帰りも遅くそして普段にない疲労感を漂わせて毎夜帰宅しておりました。
その頃の私と配偶者には目の前の大事が一番で、それをまず何とかしないとね!とそれなりに同じ目標にむかって一丸となっていたのであります。

そんな状態ですから、家庭生活というのは二の次といいますか-----父親・母親としてはそれなりに役割を果たしておりました、子供にとっては出張の準備なんて関係ありませんから、そこまで響くほどそれに熱中する必要はないですよね。でも夫・妻としての心配りは結構後回しでしたねー。
彼は夫としてよりも、会社の一員としての責務を重視してましたし、私はそんな夫を後押しするべく妻というよりはアシスタントに徹する気分で過ごしておりました。
子供が眠った2人だけの時間も話題は出張の事ばかりでした、それは過去記事にもエピソードとして残っておりますが、もう2人の頭の中はそればかりで、普段よく話す趣味の話しや近所の話しやTVの話しといった他愛もない話題は殆どそれにすり替わっていたように思います。
えーっと、そんな状態ですしとにかくお互い忙しさを感じてまして変な疲労感がつのってましたので、出張前日までなんだかバタバタバタバタバタ------だったんですよ。
ゆっくり話したかどうか?と聞かれれば、普段くっついて・寄り添って・抱っこして・背中に圧し掛かって(バカ)とベタベタしながらもうくだらな過ぎて呆れちゃう様な会話が乱舞している我夫婦としては、会話は少なめというか業務連絡のような事が多かったかなーとは思います。
忙しいからか?一緒にお風呂に入る機会も減ってましたし、会話もそこそこに就寝ーって日もありましたしね。
いよいよ明日だね!と思った前夜もあまり変わらずで、翌日の予定を最終確認し荷物の中身をチェックして、お互い納得というか-----
“頑張れよ!”⇔“頑張るぜ!”
“OKかな?”⇔“OKだよ!”
-------みたいな試合前?のチームメイトのような会話を最後に寝室へ向かいました。
翌朝は通常よりも若干早めだったかな?朝も早いしさあ寝るかー!と深々と布団に潜り込んで眠気を探したりしたんですが、まあ緊張なんだか?興奮なんだか?自分が行く訳じゃないのに私ったらちょっと寝付かれなくてね(^^;)配偶者の方もそんな雰囲気があったかなかったか、やたらとモゾモゾしていたようにも思います。
寝ないと大変なのは配偶者の方で、私がちょっと寝坊したからってどうって事はないんですけど、一応ねお見送りはしたいなーって思ってね----何か心配だし。
そんな風に思いつつうつらうつらしていたら、配偶者から声が聞こえてきた。なんだろうなーって思ったら、珍しく彼からのストレートなお誘いだった。

これは大変珍しいです!
何度も語りましたが、大抵2人でモゾモゾと小競り合い?をしているうちに何となくーってのが一番多い我が家。その他でもなにやら私のせいにして “今したいと思ったでしょ?” みたいな事で始めようとするのが配偶者の癖なのに------この日は違いました。
彼も出張の事考えたら、ちょっと寂しかったのかな?(まさかねー)
私が前にした出張先からメールや電話をして欲しい!って言葉を覚えててくれていたのかもしれないなー(それはありそう)
単純にこのところ2人だけの甘い時間とかなかったなーって感じたのかも?(あるかも)
理由はわかりません!でも取り合えず、翌日からしばらく私とは会えないのは確かですし、振り返ると結構ご無沙汰してたしあまり深く考えなくてもいいのかなーなんてその時は思いました。

ストレートなお誘いなんで、喜び勇んでお受けしました。
でもお互いこのところご多忙で、なんだか落着かない日々でしたし明日のこともありますし----盛り上がりすぎて困っちゃうーってな感じはなくて、結構普通な内容でした。
可もなく不可もなく----悪くはなかったけど、思い出にもならない感じの内容。
しかも普段なら後でちょっと会話したり、モゾモゾしたりとかあるんですけど、翌朝の早さを考えてたんでしょうねー満足したのか?配偶者は“うんうん----”と私の問いかけに2~3は返事はしたものの、上の空というか、とっとと先に就寝しやがった!オイーそれ私嫌いだぞ(怒)
大抵の場合、その後フォローというかうたた寝したとしても、また目覚めて相手してれるんですけど、そんな雰囲気もその日はなくて、さっさと下着やパジャマを身に着けて寝る気満々。
でもね、翌朝を考えるとちょっと気の毒だなと思ったので、私も文句は言わずそっとしておいてあげました(たまにはいいところあるじゃん私 ^m^)

配偶者が出張から帰宅し、私の妊娠が発覚したんですけど-----逆算したらどうもその日なんですよね。彼は出張前の一発を決めた形になります(何それ?)

最初は私も、出張前にしたことをちょっと忘れてて(だってー印象薄かったんだもん)いつだ?とドキドキしました。配偶者は出張しててその間彼とのそういう事はない訳で、その前の印象深い夜を思い出すと凄い前で、絶対そんなの有得ないというか、物理的に無理っていうか-----そんな感じで思いっきり察しが付きやすかったのであります。

そういえば-----第一子の時も確実に “この日だわ!” ってのが解りました。
その日は、内容は普通というかそこそこ盛り上がるというかそういう程度だったんですが、私の感度が凄くよくて滅茶苦茶疲れて直ぐに身支度整えてる事ができなくて、はたと目覚めたらあられもない姿で随分長く眠りこけてたんですよ。お陰で凄い印象深い夜になってね(///。///)
だから、単純に月の物から逆算して “可能性大の日” に当たってた(と逆算してから、やっと気づいたんですが><)その日に違いない!となったんです。

他所のお宅はどうかわかりませんが、我が家の場合は回数少ないんで逆算しやすいってのもあるんでしょうか?2回ともしっかり解っちゃいました(^m^)
今思えばでがすが、頻度の激しい時(ィャそこそこか?)も長い年月なんであったはずなんですけど、逆にあまりそうでもない時に限って実ったと言うか-----そんな偶然も手伝って解りやすかったのかもしれません。

しかし妊娠が発覚した時、2度とも配偶者は “えーいつだっけ?” と言ってましたね。

今回は流石に彼にとっても思い出しやすい日だったはずなのに!と感じたのと、ちょっと面倒だったので “心当たりがないなら、貴方が相手じゃないかもねー(¬v¬)” と返事しておきました(なんて罰当たりな嫁)
そんな返答に対し、しばらく首をかしげつつ思案していたようですが “いつでもいいや~” と感じたのか(嫁の嫌疑は放置か)? “凄いなーミラクルだなぁ、忘れちゃう位しかしないのにできちゃうんだ” と意味不明な感想を述べておりました。別に凄くないですけど------というか誰がミラクルなんだろう????相変わらず配偶者の思考にはついて行けませんが、彼自身はいつが当たったのか謎だけど、ミラクルで実った!と大喜びの様なので、放置です(と言うか、嫁の悪意な発言とか無視でつまらないです)

しかし夫として、そんな楽天的で大丈夫なんでしょうか?
これからつわりとかあって、つわり終わったら腰痛とかあって、出産準備とかもあって、産後の養生はどうするのかとか悩まないといけないんですけど------喉元ま出でかかりましたが、どうせ直ぐにそれらの壁に当たるんですからこの時位は心底喜びに浸ってもらおう!とお口にチャックの私でした(^^)

無邪気な配偶者の喜び様に、有難さとともに微妙な不安を感じた割りに私もちょっと幸福感を満喫しました。暢気でマイペースなのは、元々私の専売特許ですしね(^m^)

テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

そんな旦那様とkomakoさんとで
うまくバランスが取れているのでしょうね^^

■ しすけん さんへ ■

>うまくバランスが取れているのでしょうね
そうみたいですねぇ
まあ、じんわりと理想の夫婦目指して(るのかな?)進めばいいかなーとあまり肩肘張らずに頑張る所は頑張って、鬱憤貯めない程度に吐き出してます(^m^)

誕生の瞬間のごようすがよくわかりました~
配偶者さんの中におられたお子様からのなんらかのサインという欲望に従ったのかななどと想像してしまいました。
私んちも回数は多くないのですが、どの子の時も妊娠したころのあたりだけは、無性に抱き合いたく、どどどどと連続して交接しており、正確な日にちはわかりませんので、うらやましいです。日数あいてないので、当然全員男です・・・

■ レイカ さんへ ■

>誕生の瞬間のごようすがよくわかりました~
そうですか?
単純に、少ない事が功を奏しているような(^^;)
まあ、受けての私がわかったってだけなんですけどね。
配偶者は本当にそういうの気にしないというか-----正直、男性側がそんな感じでいいのかな?とも思うんですよね。
女性はお腹で育てて産むという確定的な作業がありますから、間違いなく自分の子!って思えますけど、男性はどんな証拠から自分が父であるーって思えるんでしょうねぇ

私が産んだからって彼の子とは限らないと思うんですよ。しかも、身に覚えがない訳でしょ?
私を信用してくれるって気持ちは有難いですが、産まれてからの見た目の類似点みたいな出たとこ勝負でいいのかな?と思ったりします(私意地悪かな?)
逆に、自分に似ている部分が解らない場合はどうするんだろうなーとかね(>m<)

幸い第一子は配偶者に異常に似たパーツが多くて(>ー<)日々実感しているみたいですけど-----第二子がそうとは限らないかもよぉと先日もちょっと脅してみました(やりたい放題の私 >m<)

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。