FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰

2008年12月下旬に書いた記事なんですが、多忙で頓挫してしまいました------
本日加筆し完成したので公開する事に致しましたぁ
相変わらず、マイペースでごめんなさい(^人^)
*この記事は中々アダルトな内容です、想像したくない方はみないように*
久々にアダルトな内容でございます~
前回こんなお話を書いたのはいつかしら?と調べましたら、記載そのものが 2008/06/10 ですよ
\(◎0◎)/ヒョ~
内容は、第2子を授かった経緯(オイ)を記載しておりました。

まあ結果があるんだから原因があって当然でして-----しかし、明け透けだなぁ
どこのマタニティブログだって、当り日の話しなんて書いてないんじゃないの?
私ってどんな主婦だよ?と自分の事ながら呆れちゃったりしたんですけど-----
まぁ書いちゃったものは仕方ないですし、不真面目の申し子komakoのブログとしては、アリかなぁなんてね(いい加減ですみません>。<)

えーっと話しを戻しましてー
授かった経緯って事は、過去の配偶者との夜話でございまして、書いたその時にしたって訳ではないんですよね(当然です、書いた当時は既に妊娠安定期でした)結局、最近の配偶者との夜話ってのは、書かずにここまで来ちゃったって訳です。
勿論、配偶者と蜜夜があったら記事を書く~ってしている訳ではないので(基本、面白い時とか印象的な時だけ書きます ^m^)全部を公表してないんですから、別に問題はないんですけど----それでも アレな話 というカテゴリ設定もしている位なので、それらしいアダルトな記事を書く気はあるんですよ。
にも関わらず、なぜ何ヶ月も蜜夜な話題が記事にならなかったか-----理由はいくつかあるんです。

書けなかった理由 その1 は書く作業そのものが難しかった-------
眼球疲労腰痛 でパソコンに向かうのが厳しかったりとか、産まれてくる赤ちゃんの為の準備色々で 多忙 だったりとか、第1子の夏休みで 時間がうまくとれなかった りとか-----がございました。
-------単純で、メンタル面に関わらない理由です。

書けなかった理由 その2 は書けるタイミングに蜜夜がなかった-----って微妙な理由。
こちらの方が結構読み物として面白そうなので、本日はこの辺を掘り下げてみましょう(^^)/


まずは、つわり期(妊娠発覚~4ヶ月未満)
普段の生活だけでも必死な位苦しいし、絶頂期なんて寝るも起きるも辛い時もあったので、正直蜜夜とかって余裕はございませんでした。第一、安定期まではそういう行為は母体と胎児の状態を考えると避けるのがベストですんで、つわりが酷くなかったとしても私はしないと思われます(^^;)
まして私は加齢過ぎる体ですから、慎重なくらいで調度いいでしょう(^m^)

妊娠後期(9ヶ月~出産まで)
こちらも同様です!いつ産まれるかも解らない!ってな状況でそんな事する余裕は安産通り越して 速攻出産 な私にはできませぬぅ。・(p_q)・。
ちょっとした刺激で出産が早まるかもしれない!と思うと準備万端で赤ちゃんがでるぞぉってなるまで静かな夜を過ごしたいっすね。
一説によると、予定日過ぎても産まれる気配がない場合、多少の刺激を必要とするって事であえてご主人としちゃう(>m<)って話もあるらしいですが------私には縁遠いお話でございますので、除外とさせて頂きます。

上記以外(妊娠4ヶ月~8ヶ月末)は配偶者との蜜夜が可能な期間となりますので、お互いに問題がなければ時間はいくらでも作れるはずです-----但し、配偶者は女性の体というの凄く気遣う人でして、多少自分に負荷がかかっても相手の身体に何かあるかも?という場合は自分からアプローチする事はございません。
つまり、妊婦のkomakoとするのは komakoから何かアプローチがあった場合のみ! なんですよ。でもね、妊娠経験のある方なら想像つくと思うのですが、例え体調がよくても妊婦さんってあまり欲情しないというか、そういう気分に普段に比べ、なりにくいんでございます。
決して人肌が恋しくない訳ではないんです----私の様にベッタリ体質の人だと逆に人肌は普段より恋しくなる事もあるんじゃないかな?特に何をしたいーって訳じゃなくて、なんだかベタベタと誰かに触れていたいというか、ちょっと他人の体温で安心感を得るというか。
まあ、私はそういう雰囲気に凄くなるんですよ。
体の変化とかホルモンの変化とか----色々一気にやってくるので、不安定なんでしょうねぇ
ちょっとTV観るのでも誰かにもたれ掛かったりする方が気持ちいいーみたいな感じは日々ありましたね。
そういう事、私が望むなら時間無制限で配偶者は付き合ってくれます。その体勢が抱っこだろうがのしかかるような体勢だろうが、拒む事はないですね。でもね、私がどんな体勢でいたいのか?ってのは毎回違う訳で、それらは彼には全く予想もつかないんですよ(当たり前)
とにかく、妊娠前は彼自身がちょっともたれ掛かってみたり、座ってる私の膝を枕にしたりーってのが時々あったんですけど、まずはそういうのが一切なくなるんです。ある種彼の優しさなんですけど-----蜜夜の有無よりも私にとっては、そういう行動は逆に凄く辛いんですよねー
自分が望めばいつでも寄り添ってはもらえるんですけど、相手からのアプローチは皆無、何か素気ないと思いませんか?そういう素気ない空気が苦手な私!
結局のところ、普段のベタベタや単純なスキンシップが減ると、蜜夜って気分にもなりにくくてね(^^;)
寝る時も寄り添うとかないし(というより、私がベッドで自由に動けるように彼は端でチンマリと眠る)なんか微妙に疎外感っていうのかな?寂しーい感じなのよね(TAT;)
決して彼はそういう気持ちで接しているんじゃないんですよ!彼としては、身重の嫁を自由に動きやすい様にしてあげてるつもりなんでしょう。でもねー私にはそう感じられないんだよねー
まあ、色々な意味でマタニティブルーに繋がっちゃうというか、周りの行動全てがマイナスに映るというか-----なんですよ。
ちょっとね、臍曲げて “ふふふ(  ̄ー ̄)貴方なんて悶々として眠ればいいのよ!” みたいな意地悪してみたくなったりね。
そんな訳わからない衝動とかも手伝って、あえてしない!って事もあったように記憶してます。

勿論、妊婦と言えど何かのキッカケでムラっときちゃったりもしますし、変に意地悪な事してみた(相手は気付いてないけど)後とかはその反動で相手の性欲を受け止めないといけないんじゃないの?みたいな責任感に燃えたりとかもあったりして(おぉーまさに浮き沈みの激しい妊婦ならではの衝動)いきなり “最近してないけど、大丈夫?” とかストレートに訪ねたりします。
相手が変に勘ぐって “もしや、komako無理してるのかな?” なんて素振りを見せれば、それはそれで冷めちゃったり、そんなつもりじゃなくてもそういう態度をとって見せちゃったりして、ちょっとギクシャク-----そういうシチュエーションは配偶者大嫌いなんで、勿論 “気持ちだけ頂きます、ありがとう” なんて断られちゃう、結局そうなるとできません。
彼の想像が当っている時はできなくてもいいんですけど、はずれている時は相当凹みます----そんなつもりは配偶者には毛頭ないんですけど、ひがみっぽくなってる妊婦komakoにはまるで “妊婦の癖に欲情するなんてちょっと母としてどうなの?” と言われてるような錯覚に陥ります。
そういう妄想にとらわれると1週間ほど立ち直れません-----ってかその間、する気にはなれません。
変に禁欲になってしまいます(><)

そうして私は配偶者との折角の蜜夜のチャンスを逃すのです。

要するに!本当の不調+意地悪心+反省期間 が蜜夜のチャンスを異常に減らしているんであります。

ま---元々淡白夫だし、心配性夫だから自己犠牲をはらってでも、ググっと我慢しちゃうんで妊娠を期に禁欲生活まっしぐらーなんですけどね(オイ)
第1子を妊娠した時なんて、本当に懐妊から後ずっと禁欲生活清い仲でした。
安定期だし!って事でいざチャレンジした時は、初めて妊婦とするんだってー緊張と嫁と我が子が心配ーって極度の心配性のお陰で、もうさらりと流すような状態----後日談ですが “たたないかも?って焦ったよ” と言っておりました。
一応立派にたちましたけど、そんな状況でたっちゃう自分を嫌悪したらしいです(修行僧の様なヤツだね)

で--- 今回はそんな思いだけは、配偶者にさせてはいけないぞ! ってのが私の中にも一応ありまして、それに関して努力をしたかってーとそうでもないんですけど(駄目じゃん)
私の体調と心が安定している時は素直に “しましょうよぉ(^m^)” と軽く誘う位はしないとね!と思ったりしました。
そうですねー何回かはちゃんと誘う事ができたと思います。
もっともっと誘えればよかったのかもしれませんが、まぁ 体調 心情 とーって事なんでね、前述のような変な葛藤とかもあるもんですから、そう 頻繁にってのは難しい ですね。
別にしなくちゃいけないって事でもないですしね、お互い変に悶々としたり変に避けて通ったりしない程度にはできたんじゃないですかね?今回は。

私もね、気持ちよくも思えましたし、配偶者も良かったと思えたみたいですしね----まぁ他所のお宅と比べると少ないかもしれませんが、私たちとしては満足できたんじゃないでしょうか(確認してないので、勝手な想像ですけどA^^;)
そのうちの1回をちょっと書いてみましょう。
別にいつもと何か違うって感じではないんですけど-----前回からの空白期間が長いから 凄い新鮮味 だけはありましたね(^m^)

私     久々だね~
配偶者  ほんとだね(^^;)
私     ちょっと恥ずかしいなー
配偶者  えー、そうなんだ?
私     久々だとちょっとね(^^;)
配偶者  俺は、緊張するよ。大丈夫かな?ってね
私     またぁ!何のための安定期よ、大丈夫だって(^^)
配偶者  その為の安定期じゃないでしょ?
私     母が喜ぶのを嫌がる子供がおりますか!
配偶者  そういうものですかね?
私     そういうものです!
       そんな訳ですから、私を一生懸命喜ばしてくださいねー

配偶者  あー6^^;)なんか我が子を人質に取られてる感じだね
       妙に責任重大だなぁ、でも頑張らないとって事かぁ

私     ほほほ、やる気がでましたか?
配偶者  ご無沙汰なんでやる気は元々あるんだけど
私     おおー、それは何とも心強いです!頑張ってねぇ
配偶者  他人事ですか?ちゃんと参加してくださいよー
私     心配は無用ですーちゃんと◎◎◎ます(>m<)
配偶者  大胆だなーでもちょっと斬新だねー


ふざけているようですが、こんな感じ(そのままの会話ではないんですけど=うろ覚え)で事はすすみました。
正直妊婦じゃなければ、出てこない言葉の羅列です。というか久々っていってもここまで久々ってのはないですから、わざわざ色々語りませんしねー
変に配偶者が緊張するってシチュエーションだって、そうはないですから。
私が病み上がりだとしても、そんな大病したことないですから、治ったと本人が言っていればここまで心配はしませんし、大丈夫か?と何度も確認をするってのは普通ないです。
私も何度となく大丈夫である!と相手に言い聞かせるってのもしませんしねー。
内容は、普段とちょっと違いましたね(^^;)
具体的に書くのもなんですが、基本的に私は体が小さいのでお腹がの変化が早く、服の上から解りにくんですが、4ヶ月頃でも脱ぐと明らかに 腹部が変化 してるんですよ。

その上に思いっきり乗る気には、普通なれませんよね?

ですから、可能期間(4ヶ月~8ヶ月)での蜜夜に共通しているのは、2人だけの世界でありながらもう1人にも気遣うって感じだった事でしょうねー。
お腹を絶対に圧迫しない!と言う事は当然ですが、配偶者の場合は 腹部に一切触れない! という徹底ぶり、私の腰を触る場合もそれはそれはそーっと手を添えて、周りを確認してって感じでした。
そんなんじゃ、肝心のクライマックスは真っ当できないんじゃないの?って思いますよね----若干遠慮気味かもしれませんねー、振動がお腹に伝わらない様に変に両手でサポートをしていましたよ。
それじゃ、クライマックスの意味ないじゃん!って思わないでもないですが、まぁそこは慣れた同士?それなりに上手くやり過ごすってものですよ(^m^)
一応、夫婦歴も程ほどですしね(^o-)

ある程度、お互いの精神衛生上の行為って頭のどこかで解っているんでしょうねぇ、その程度でも充分なんですよ。

御陰様で、変な不満というか不安というか持たずに無事出産まで過ごせました。(私だけか?)
配偶者も元々修行僧のような人ですし、仕事が忙しい最中ですからその程度でもあれば満足できる人なんで、問題ありません!(------と思うA^^;)

精神的に満足できて、形としても成り立った感じならOKってのもあるんじゃないでしょうかね?(^m^)
こういう蜜夜って多分夫婦でしか成立しないんじゃないかなーって思ったりします。
恋人同士で、そんな中途半端な夜を過ごすって理由が見つかり難いですから、ある意味結構危険な状況にあたるんじゃないかな?まさか彼女が妊婦さんって事はないでしょうし-----
夫婦だからこそ、次回があるよ!みたいな安心感と、妊娠してるから当たり前って解釈で簡単に片付ける事ができるんじゃないかな?
体が繋がる事の持つ意味が多様化してたりするというか、2人の時間はどこかで家族にも繋がるんだよね-----(まあ結果が妊娠って事だしね ^m^)----だからかなぁ?こういう事もありかも?ってお互いが素直に受け入れちゃう。
若干物足りないとか何とかってのを気持ちでカバーできちゃう。

お子さんの御出での方だと肯けちゃうかもしれませんが、子供と同室で寝ていたりすると結構中途半端というか、変な感じに抑制しちゃったりってのありますよね?基本的にソレみたいな話しです。
妊婦だと一緒に寝ているというよりは、子供は母体に格納されてるんですけどね(^^;)まぁ子供を刺激しない程度に夫婦生活を堪能するって点では、夫婦ならではのありがちな事ですよね。

何だか昔、友達同士大勢で泊まりにいって雑魚寝の挙句、酔った勢いでその中の1人とHしちゃったーしかも周りには酔いつぶれた友達もいたよぉ-----なんて武勇伝を耳にした事があるんですけど、我が子が横にいてするってのは、正直それとは違う感じなんですよねー
友達ってのは同年代(もしくはそれ相応な年代)な訳で、大人のマナーとして思わず目覚めても寝たフリしてくれたり、相手を気遣って以後もその事実に触れないでくれたりーってあると思います。第一2人が何をしているのか、ちゃんと理解できていると思うし、別に珍しい事例でもないと感じる人さえいるのではないでしょうか?
でもねー、我が子相手では相当微妙なんですよ(><)
両親があられもない格好をしてるだけで子供にはショックかもしれませんし、それどころか両親は何をしているんだろう?と悩んだりするかもしれません!(もっと深い部分で嫌悪を覚えるお子さんもいるかも)
大人相手なら説明というよりも、言い訳をするんでしょうが-----子供相手ってどうしたらいいんでしょうか?きちんと説明するのが正しいと考える方も御出でかも知れません、子供の年齢や状況から有得ない嘘で取り繕うのが得策の場合もあるかもしれません-----つまり、妙な気遣いをするのは真っ只中の自分達だけって訳です(^^;)
いけない行為ではないんですけど、かなりデリケートな事なので見ちゃった側と見られちゃった側に変な誤差(っていうんでしょうか?)があると、相当片方に負荷がかかっちゃうんですよねー

ま----どこのお宅でもよく聞くありきたりな話ですが、未婚の方からすると耳慣れない事かもしれません。

ちょっと話しがそれてますが-----逆に経験者の皆さんは、妊婦期をどう乗り切ったんだろう?とか不思議に思っちゃったりします。
マタニティブログの大半は、記録重視だったり家族ブログだったりなので、私の様に当り日エピソードを面白おかしく書いたり、妊婦期の蜜夜をメンタルサイドから掘り下げたりってあまりないようで?ちらりと拝見しましたが、該当するお話は見当たりませんでした。
非常に残念です!どなたか、そんな話しを公開されているブログ様をご存知なら、是非拝見したいのでお知らせくださいー(^^)/

することしないと子供はできませんから、みなさん同じ様に経験しているはずでしょうが、日本人気質なんでしょうか?蜜夜の話しを中心に書かれる方でない限り、その辺はスルーというかオブラートに包むのが普通みたいですね。
いや、そういうファミリー向けなスタンスがいけないって訳じゃないです!(くれぐれも誤解なきよう)皆さんそれぞれの思いを持ってブログ展開されているんですから、それはそれで素敵ですし成立していると思っております!
ただ-----komakoのブログが何処へ属したものなのか?って思ったりします(^^;)

夜の生活を明け透けに書く-----訳でもなく
ただ配偶者への恋心を掘り下げて語る-----訳でもなく
マタニティや子育てと真面目に向き合ったり、記録する-----訳でもなく
自分の活動や趣味を皆さんへ公開する-----訳でもなく
世の中へ向けて自分の思いや考えを主張する-----訳でもなく

とりあえずただひたすら、自身の身の回りの雑多な話しを適当につらつらと綴って----とういか文字を連ねているだけかな-----A^^;)駄目駄目じゃん
ある種それも持ち味かなーと思いつつ、毎度 まあいいか とか そんな感じ とか いいんです とか尻切れの未消化で文章を〆るのが若干やるせない(><)

-----でも若干なんだよねー ┐(T▽T)「 ヘロヘロヘ~

いつもの〆の台詞が上へ並んじゃったから、今日はどれも使えないな(え、そうなの?)
滅多にない終わり方をするべきか----


本日はここまで!!これからも、komakoの駄文をお楽しみに~(なにそれ?)





★この記事に拍手を下さった皆様へ

拍手ボタンclick誠にありがとうございます(^^)
皆様の反応が、更新の活力になっておりますぅ

また、拍手コメントを下さった皆様~とっても嬉しいです\(^^)/
以下、拍手日時にてお返事を記載させて頂きます!

-----------------------------------------------------

■ 01/13 00:00 拍手さまへ ■
もしも----の想像されちゃいました???(^m^)
そうですよねー、未経験の方からするとこんな話しは、想像も
されたことないと思いますから、何とも言いがたいですよね。

でもね、良くも悪くも色々な意味で夫婦っぽいエピソードだなーって
私は思うんですよ。

恋人ってのも悪くない関係で大好きなんですけど、夫婦とは全く
別物なんだなーって、私は結婚してからしりました。
---内容的には、大騒ぎするような違いはないとも言えますが
色々な意味で相手のメンタル部分の変化や時間を共有する
(というか強制的にしないとならない)事、仕事や人間関係も
背負い込む必要が多発したりして、新婚時代は生活変化に
目の回る思いをしました。年月を重ねれば減る(慣れる)のか
と思いきや、古女房にも関わらず今回の記事のような、変な
事柄もあったりするんですよね(^^;)
人間は進化し続けるから、当然なんですけど----ある意味
毎度配偶者に対する発見はつきずーですね、御陰様で飽きる
という事もないので助かってますが(^^)

これからも、komakoらしい記事を書き続けられれば!と思ってます
ので、宜しくお願いいたします(^m^)

テーマ : 夫婦生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。