FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省。

日々至らぬ自分と向き合いつつ生活しているんですけど----それも長くなると慣れちゃうんですよね(--;)
毎度、お騒がせしております愚妻komakoでございます。
もう2月ですよ!配偶者が多忙になり3ヶ月以上って事ですか-----長い(><)

いつも配偶者には感謝する事がいっぱいなんですけど-----その割りに、文句も言ったりしちゃう事も結構あったりします。
いや、口にしないまでも独り言なんだか?どこかで配偶者の耳に入ればいいなーって打算付きで聞こえよがしになってるのか?第1子にも聞こえるように愚痴ったりもあります(益々悪いじゃん)
第1子は同性なのも手伝って、母よりな事をよく口にするんですけど-----正直、私が中立の立場から見たら、断然配偶者の方が第1子には良い親というか、親と言う責任を真っ当してるんじゃないの?と思えるんですから、私の愚妻ぶりってのは結構なものだと思います。

妊婦期ってのは、本当に心が不安定になりまして----初期だといえばそれなりに、安定期に入れば相応に、出産直前ともなれば色々なプレッシャーや産後への不安も手伝って更に訳わからないくらいの心労があるものです。まあ、身体の急激な変化や妊娠の影響による食事や嗜好の変化ってのもありますし、更にホルモンバランスが今までと激変するので、その辺も要因ではあるんでしょうけど----とにかく身体も心もアンバランスなんですよ。
そんな中、第1子の生活上で問題が起きちゃったりすると、凄い悲観的になったり不安にあおられたりといつもなら動じないような些細な事にも過剰反応しちゃったり-----ありましたねぇ。

そんな時も一生懸命に私を支えてくれたりして “あぁ、この人と結婚して本当に良かった” と幸せ気分満点になることもあれば、良かれと思って “気にしすぎだよ” とか “今はその事は考えなくてもいいんじゃない?” とかって私の心を気遣った言葉を “貴方がそうやって暢気だから、身重の私が四苦八苦するはめになるんじゃないよ!怒” などと逆切れしちゃったり、相手はそんなに大差ない対応のはずなのに、不安定な私はとてつもなく扱い難い状況で、すっごい迷惑かけたりしてました。

それでも、配偶者は溜息つくことさえなく(少なくとも私の目には見えなかった)今のkomakoに必要な言葉を探しつつ、夫婦の会話を続けてくれたんじゃないかな?と今は思えます。

産後もしばらくは元通りになる事はありません-----妊婦の身体が戻るまでに時間がかかるように、精神的な安定もしばらくかかるものでございます。私の場合、この時期の方が相当不安定ですねー
身体の拘束(重いお腹や貧血の心配とか胎児への持病影響etc)が解けてる分、少し軽快になるんじゃないか?と思うかもしれませんが、運動能力そのものも直ぐに復活とはいきませんし、その割りに出てきちゃった赤ちゃんのお世話は待ってはくれないという、変なジレンマが新たに増えてまたまた身体的にも精神的にも、不満や不安が募るんですよ。
そんな中、想像以上の生活変化が我が家には起こった訳です-----配偶者の多忙に加え転勤です。
どちらも事前に予想はしていたんですけど、想像を絶する負荷となりました(><)
懐妊の時 “年齢的にも身体能力や体力に自信がもてないし、正直今更授かるなんて想像もしていなかったから、産後1人で乗り切る自信はないけどフォロー期待してもいいかしら?” そんな風に訪ねた私-----出産云々の前に、元気な妊婦期を過ごせるかどうかも自信が持てず、果たして無事第2子に会えるんだろうか?とまで想像していたkomakoだったのです。

二人目不妊----周りが私をそう思うなら、それでもいいや!と人には言ってましたが、正直私自身はどうか私が二人目不妊でありますように(>人<)って気持ちが強まったりしてたんですよね~
子供が欲しい!というのは第1子を授かる前までの話しで、最初の産後内心しばらく子供はいいかな?って思ってましたし。数年後自分の年齢を考えるともう二人目はいいや~とも思っていました。
ただねー周りは口にしないまでも、第1子を思うと1人ってのは----とか健康ならせめてもう1人いてもいいんじゃないの?とか思っているのが感じてて、まさか私自身が 1人で結構です なんて思ってるとは言い難くてね(^^;)
罰当たりだけど、随分と長くできない事だし、もうこの際私が駄目なんだから仕方ない!って皆思っちゃってください、逆にその方が変な期待とかされず気分が軽いし~って思ってました。
実際、自分の女としての機能に自信なかったですし、第1子を授かったのもミラクルか?と思ってた位なんですよ(特にどこか悪いって訳じゃなかったんですけど、漠然とそう思ってた)だからねー安産になるとも思ってなかったですし、妊婦期も元気で過ごせるとも想像してませんでした。
毎日腰が痛い・お通じがないと愚痴ばかり言ってましたが、正直持病があるのに第1子の時も今回も私の悩みといえば、骨盤の変形による腰痛と便秘位なんですよ-----しかも陣痛も超短くて回数も少ない状態でポロリと産めちゃう程安産だし。
本当は、私の体は平均より妊娠出産向けな状態なんじゃないの?と思える様な機能を持ってるかもしれません。産後も肥立ちが悪い!と本人は文句タラタラですが、本当は超元気-----加齢による肉体疲労が殆ど原因なんですよね(--;)単純に妊娠に関係なく普段からだらけた生活してるから肉体疲労なんかになるんだし(私の年齢でももっとハツラツとしている人いっぱいいるしA^^;)

持病持病と言うけれど、持ってるのは一筋縄ではいかない不治の病ばかりだけど、妊娠に殆ど影響しないという不思議な現象が続きました-----医師の心配損とも言える位健康的な日々でしたしね。

そんなラッキーに囲まれてたのに、毎日愚痴ですよ-----配偶者の仕事が忙しくて第1子の面倒は私ばかりがみてる!とか、疲れて帰宅しているのに今日も足・腰が痛いからマッサージして欲しい!とか、わがまま三昧。
私が夫ならそんな我がままな嫁、別れますね!
でも配偶者は文句ひとつ言わず、いつでもマッサージしてくれましたし、忙しいながらも可能な限り早く帰宅するよう心がけてくれましたし、休日は第1子の面倒をたくさんみてくれました。
そんな中有難う!感謝してる!と思っていても、それでも私の欲望はまだ満たされず~で愚痴愚痴。

駄目ですよねー私。
配偶者は何処までも優しい夫です!そんな私を見放す事は一度もありませんでした。
産後の滅茶苦茶な忙しさは、私よりも彼の方が酷い有様で、一体彼が家で過ごす時間は毎日どの程度あるんだろうか?と可哀相になるほど仕事漬け。そんな大変な思いで帰宅しても、家に待ってるのは文句ばかり嫁だもんなー彼よく帰宅恐怖症にならなかったですよね(-。-)

今はkomakoの気分も安定しはじめてますから、大分いいですけど-----配偶者の多忙ぶりは一層磨きがかかっちゃって、こちらの奉仕も追いつかない程の忙しさです。
まあkomakoの奉仕なんて高が知れてて、文句を少し控える位なんですけどね(^^;)
配偶者は多忙過ぎて、komakoへのフォローなんてなかなかできなくて、そんなの当たり前だからこちらは怒る気もないはずなんですけど、何故か時折我が子(2人とも)の所業に鬼の形相で怒ってるkomako。
そんな時配偶者は約束のフォロー期間中でありながら、なかなか手が回らない事を悔やむようで、切ない表情をします-----そんな顔を見ると“いかん!私は母だ”と我にかえるんですけど-----でも立腹は立腹(オイ)な訳で、まあ怒っちゃうわけです。

ありがたい事にミラクル2(?)で授かった第2子のはずなのに、時折“この子産んだの間違いじゃなの?”と言う言葉が脳裏をよぎります-----無意識に口にしてる事もあるかもしれません。そんな状態のkomakoには“欲しかったのは私じゃないし”という母にあるまじき発想があったりもします。
産んだら母ってものじゃございませんよね(><;)ちゃんと育てないと!
でもねーあまりに多忙な配偶者の影響は家族全員の時間を少しずつ狂わせていくんですよ。

冷静になれば、第2子なんて言って聞かせる事ができるはずもないんですから、思う通りにならなくて当然。第1子だって家族構成そのものが大きく変化してて色々戸惑ってるし、母の不安定さが連鎖する可能性だってあるんだから、今までよりも扱い難くなっても仕方ないって解ってるんですけどねー
もう母は自分の事で精一杯な時期だっていうのに、何面倒抱え込んでんのよ!って感じになっちゃう(T▽T)
愚妻なだけでなく、駄目母だなー
そんな母をもって彼らは不幸だなー
もう面倒だから、もっと出来のよい母を配偶者に頼んじゃえばいいのになー(オイオイオイ)
結婚してから離婚ってあまり考えた事ないんですけど、産後何だか面倒になると離婚して配偶者に子供預けて1人で気ままに暮らしてもいいかなーとか思ったりもしたんですよ!

精神的にどうにかなっちゃってる私って怖いですねー
(というか、親権に一切未練無しってどうなのよ?)
-----ここまで書くと、どんんだけ子供達が手が掛かるタイプなんだ?と思われるかもしれません。
でもねー、本当はkomakoが駄目母なだけで、我子は結構自立心旺盛で手が掛からない子らしいです(>m<)
第2子も、よく眠るし(夜は短くて5時間半、長いと7時間は起きない)、夜泣きは未だに無いし、日中も結構1人遊びしてるし、用がないときは母を呼ばないし----
第1子なんて年齢がそれなりなんで、第2子のミルクやオムツもやってくれるし、自分のことは結構自分でできるし、母を気遣う気持ちも持ち合わせてる(ああ、駄目母に似ずに偉いぞ)
まあ、単にkomakoが母として自覚が足りないって事なんですよ、駄目母万歳(万歳じゃない!)-------


子供の泣く姿見て、あーこんな可愛い子なのにできの悪い母で残念だね!って言いそうになったり(オイオイ)
超現実逃避(怖)

でもね配偶者は、そんなkomakoを見ないふりとかは絶対にしません!

何もそこまで一生懸命になることないのに-----
壊れかけのkomakoは頭の中のもう1人の自分と会話した------
komakoなんて捨てちゃってもっと出来のよい奥さん探せばいいのにぃ、子供達もその方が喜ぶよ!
でもそう思う片隅で
いいなーこんな誠実なご主人がいる奥さんって------あ、私だ(◎0◎)我にかえる。
大事にしないとねーこんなに良い人なんだから!とか言い聞かせる様に会話してる(怖)

まあ、こうして自身の最近を反省してるんだか?ふざけてるんだか?なkomakoでございます。



配偶者には少しでも家族団欒を味わってもらいたい!って思ってそれなりに(一生懸命じゃないんかい)努力をしてます。

朝食はできるだけ第1子と水入らずで(ってkomako二度寝?)
帰宅後は第2子との時間を大切に(って単に第2子の面倒をみさせてる?)
遅くとる夕食は、ヘルシーで胃腸に優しいメニューで(komakoが好きな和食三昧)

ちょっと、物は言い様っぽいけど-----まあ、今我が家で一番手がかかるのはkomakoみたいだから、なるべく配偶者に距離を置いて接する方が彼のため!だと思うんだよね(^^;)
子供は大好きだし、忙しくて子供の顔みると頭がパパに切り替わるから、あえて子供との時間を作るのは絶対的に効果があると思う!
出勤前のひと時、我子とふれあい会話すると絶対やる気が沸き起こるんじゃない?疲れて帰宅したら古女房よりも子供の屈託ない笑顔の方が和むに違いない!
そうして、長い長い仕事からの拘束を解いてあげるの-----身体も心もリセットされるのは、やっぱり彼にとっての天使達だよねー

-----でも余裕があったら、komakoも構ってね(^。^)

果てしなく、わがままで貪欲な女でございますぅ(本当に反省してるんかい??

★この記事に拍手を下さった皆様へ

拍手ボタンclick誠にありがとうございます(^^)
皆様の反応が、更新の活力になっておりますぅ

テーマ : チョットため息(ノ_-;)ハァ…
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとです♪
また遊びにきます♪

■ まいにゃ さんへ ■

こちらこそ、ご訪問ありがとうございます(^^)
足跡のみで失礼いたしましたm(_ _)m
コメントくださり嬉しいです!

またよろしくお願い致します。

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
11 ←2018/12→ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。