FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトデー

この週末、ホワイトデーですね(^^)
普段イベントに疎いkomakoが事前に知ってるってのが怖い今年~
理由は簡単なんですよ------第1子がね、早々にホワイトデーを察知しましてね、いくらか配布してるものだから、ちゃっかりお返しの皮算用ですわ(^^;)

まだまだ子供だと思ってましたが、女性って小さくてもちゃっかりしてるものですわね(--;)

一応ね、彼女本命とかあるんですよ(^皿^)
幼い恋ですね----もう数年越しで、バレンタイン・ホワイトデーのやり取りも何度もあるお相手-----ガキンチョの癖に生意気にも両思いって訳ですよ、ませてるな~
まあ、いいんですけどね。
でね、ガキンチョですがちゃんとギリも配るんですよ。
最初はね、孫娘にデレデレの義父のさりげない催促から始まったんですけどねーちゃんと理解できて味をしめちゃうんですわよ(>m<)

“今年は、お父さんは何をくれるのかしら?”
“おじいちゃんには、◎*をお願いしてもいいのかな?”


なんてね、もう愛じゃないんだなー物品そのものなのです。おお、怖い
将来を想像してしまうではないですか-----駄目ですぞ!社会に出てそうやって気の良いオジサマ方からお返しなんぞせしめては(^^;)

そんな訳で、先週くらいからTVの情報番組なんかでホワイトデーの話題が出る度に、彼女が浮き足立ってたんですわ。そんな状況だから、配偶者がうっかりしたりしたら父親の面目丸つぶれですしね、何度となく耳打ちしたり、いつ渡すのが無難かと計画を練ってあげたりしましたよ。
何でしょうねー、私も一応今年は配偶者に買ってあげたんですよ!仕事が忙しくて、あまりにも不憫だったから、少し喜んでもらおうかな?って思ってね、いつもなら一緒に買物行ったついでに
“貴方がすきなの選べば?お会計私がしてもいいよ、どちらでも出所は貴方なんだけどネ A^^;)”
なんてのが私のスタンス-----そのうえ、配偶者が選んだチョコの半分は私と娘で食べちゃう(オイオイ)
そのせいか?大抵高額チョコを勧める-----期間限定の◎×プロデュースとか、有名パティシエ作とか某王室御用達とか、高額だけど美味しいし美しいしでもう迷う迷う(結局配偶者が選んでないか?)
絶対デパート行きます!凄い選べるし、おいしそうだし、盛り上がってるし(>m<)

でも、今年はそんな賑わった会場へ配偶者抜きで行きました。
平日にすればよかったーと思うほど混雑(T▽T) でも娘から1つ私から1つ買いましたよ。
もうオジチャンだから会社の若い女性からもらえないかもしれませんしね、多いに越した事ないですから、2人で1つじゃなく別々にしました。
でね、渡したら喜んでくれました!2人からそれぞれもらえるとは思ってなかったらしく、びっくりした表情をしてました。勿論どちらのチョコも結構なお値段----大した量入ってないのに2つで6000円位したかな?良く考えたら、どちらの支払いも配偶者の口座から引き落としなんですけどね(^^;)
さらに、やっぱり私も娘もご相伴にあずかる-----喜び損かもねぇ(^皿^;)

ま、いいんですよ。娘は儀式的に私は慰労のためにでしたからね。

娘はお返しを期待してたでしょうが、私は殆どどうでもいいかな?と思ってました。そりゃー何か欲しい品でも見つければ、買ってもらったかもしれませんがなかったんだよね(^^;)
先日、会社の女性から頂いたんで(よかったのぉー)お返しを買いにデパートへ行ったんですけど、ついでに娘にもお返しをすることになりまして、彼女色々見て回ってねアレコレ悩んで小物を少しねだったようです。
良く考えるとチョコよりも安価なんじゃないの?と思うような品でした-----普段使いの雑貨なんてそんな程度ですしね(^^;)
私としては洋服でもねだったらいいのに!と思ったんですけど、あまり変な知恵つけちゃ駄目かなーと思って黙ってました。
でも色々まわったら、気に入った洋服があったみたいで調度息子に買うつもりだったんで、ついでに娘にも買ってあげました-----そちらの方が余程高級チョコに見合ったお返しなんだけどなぁ(海老で鯛を釣る的なA^^;)
娘には価格は関係ないらしいです、小物はラッピングしてもらいましたが、洋服は普通の包装でした。
息子にもちょっと洋服買って、後は会社の女性へのお返し選んで-----で、配偶者のお弁当小物が必要だったので、キッチン用品売り場で買って-----最終的に地下で食材買って帰宅しちゃいました(?▽?)

私のお返し-----ないじゃないですか!
いや、いいんですけどね------ってか帰宅して夕食(デパ地下もの)済ませてTV見て寛いでたときに

“結局、貴女何もかってないんじゃない?化粧品でも買えばよかったのに”

と言われて、気付いたY(◎0◎)Y
もうデパ地下巡りした時点で息切れしてたし、化粧品は今余ってる位だし、別に欲しい商品も目に付かなかったからいいんだけどねーという事で、忘れた事実は若干残念だけど悔しいとか怒るとかって感じではなかったんですよ。
第一ね、ホワイトデーまだきてませんし(>m<)

そんな風に思ってたら、昨夜帰宅した配偶者が何か包みを持っていた。
玄関に出迎えた娘が

“お母さんのだってさー”

とにやけて言う。
何が私のなのかしら?と思ったら

“ホワイトデーですよ(^^;)”

とおっしゃる。
え?嘘?私にホワイトデーのお返し????


大抵、毎年あげてるんだか?自分が食べたいだけなんだか?な状態だし、欲しいものがあれば忘れた頃に “じゃあ、ホワイトデーって事で!” なんてこじつけたりするのが常だったものですから、彼が進んで私に何かくれるってのはビックリです。
そういえば、恋人時代初期に

“プレゼントしたいけど、何がいいか解らないから、一緒に行って選ぶってのはどう?”

と言われて、私も欲しくもないものもらっても困るからそれがいい!と賛同してから、配偶者のプレゼントは全て私が同行して選び、彼が支払うというスタイルに定着した。
結婚してからは、プレゼントの時期(記念日・誕生日・ホワイトデーetc.)に関係なく、そう言えば!と欲しいものが見つかった時点でこじつけるのが普通になってた。
考えてみたら、付き合い始めて初めてのホワイトデーは忙しくて買う暇がなかった----とコンビニの包みを申し訳なさそうに差し出した配偶者。何もないのも申し訳ないと思ったんだろうけど、某有名チョコ店の一粒ン百円を詰め合わせてン千円という豪華なバレンタインのお返しが、店で一番高かったとは言えコンビニのホワイトデー詰め合わせってどうなのよ???と一瞬目が点。
でも、まだ付き合って日が浅かったのもあって、ニッコリと受け取ったけど-----私の笑顔の裏はちゃんと読めていたんだろうな(^^;)数ヵ月後の私の誕生日に前述の台詞がでたよ。

ちゃっかりジュエリーショップに足を運ぶ私も私だけど(ホワイトデーのツケを請求?)黙って付いてきて 

“現金足りなくてもカードあるから(^^;)”

みたいな事言った彼は結構腹の座った男だと思う。
実際その時買ったのは数万円の普段使いのジュエリーだった-----充分彼の所持金で間に合った。いや、私鬼じゃないですから!

でもそれからは、彼は私へのプレゼントは怠っちゃいけない!と肝に命じるたらしい。ツケを払うと高くつくんだと思ったんだそうだ。
彼が声をかけて私が買わないのは私の勝手だからいいんだそうだ-----何も言わなかった方が怖いんだと。
はははははは (≧∇≦)_彡☆バンバン!
でも、そうして声だけかけてもらうのは嫌いじゃなかった。
何か欲しいものが出れば、結局は買ってもらう口実が欲しいんだから、調度いいんだわ。
ところが、今年は黙ってたのに!自ら進んでお返しを買ってきた-----嬉しいけど、何かちょっとイヤン(><)

最近欲しいものがある!って記事を書いたけど、それらを当ててもいいかな~と思ったりしていた。
いや、キッチン用品とかだから勝手に買う可能性も高いんだけどね(-v-)
それから、去年産後でクリスマスどころじゃなかったし、その辺とあわせてドド~ンと凄いものを買ってもらってもいいかなぁ?なんて気もあった。
いや、どっちみちクリスマスって口実は残ってるんだけどね
フフフ ( ̄+ー ̄)キラーン

でも、何か気遣ってくれてるのかな?と思った。
私が子育てに悪戦苦闘してるの知ってるのかな?って。
第2子はね、男児だけどあまり手の掛からない子のようです(じゃなきゃ何個もブログやってられない)-----でもね、私やっぱり面倒というか子育て苦手なんですわー
そんなんで、第1子どうしたのよ?って思うでしょ------あまり育てた!って感じないんですよね~
気付いたら大きくなってました、全く手のかからないお子さんでした。ハイ
そんな私が2人目でしょ?赤ん坊見る合間に上の子も一応見てる訳で、駄目嫁駄目母だけど一応倍働いてるんですよ、それをね思うと不憫だなーって感じたのかな?
根が怠け者だからねー私(^^;)
自分の面倒もあまり見切れてない人だしねー家のなかグチャグチャだった産後だけど、奮闘してなんとか産前まで持ち直したり、時々更に頑張って異常に綺麗に整えたり-----元通りまでは安堵しただろうけど、整然としすぎた我が家を見て逆にビビッたかもねー
急に家中綺麗になりすぎて(ってか乱雑なものが全て撤去された時期がある)逆に

“komako!壊れたか??( ̄Д ̄;) ”

なんて思ったかもねー
いや、気分転換だったんだけどね(^^;)自分に叱咤激励と雑然としてるのが気持ち悪くなったから徹底して片付けてみた(気合入れて頑張ったらどの程度キープできるか調査の意味もある)
整理整頓も飽きたから、また雑然とし始めて見えないところはさりげなくだらしない状態だったりするんだけど、一度気合入れると戻すのはそんなに苦じゃなくなるから、結局は自分の為だったりする(>m<)

配偶者の取り越し苦労で私を心配してくれたのは、それなりに嬉しかった。
彼も仕事が安定してきた証拠だなーと思えたし(^^)
たまにはいつもと違うのもいいなーって感じた、夫の選んだお返しのお菓子が凄くオシャレで美味しくてビックリできたし、良いホワイトデーになりました!

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。