FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構嬉しかった話

凄く忙しいはずだった配偶者が急に休暇がとれました、そんなある日のお話です。
*この記事は中々アダルトな内容です、想像したくない方はみないように*




忙しく、普段もすれ違いのような生活を嘆いておりました。実際は毎朝毎晩ちゃんと顔を見たり会話をしているのですが、ゆっくりできる暇がなかっただけなんですけど、それでも私にとってはすれ違いと感じてしまいます。忙しいのは日常的な配偶者ですが、私との時間は大切にしてくれていたという事なんでしょうねー。他愛もない会話や何もせず2人でくっつきあって過ごすのは私にとってはとても重要と彼は解ってくれていたようです。それが再確認できただけでも、私には貴重な経験とも言えますが、凄く手持ち無沙汰な日々が続いたのは間違いございません。

勘違いのないように申し上げます!忙しいとか時間がない!と嘆いておりましたが、蜜夜は普段程度にはあったんですよ。変な言い方ですが、私にとってはそれはまた別の話なんですよね(^^;)
面倒くさい女でごめんなさい。
体の欲望を満たす行為と心の欲望を満たす行為は私には別なんです。
もちろん体の欲望を満たしてもらえる事はそれなりに重要で、ないとそれはそれで寂しい思いをするのですが、それでも心が満たされていればそんなに我慢をしているとは思わないんです。自慢するのもなんですが淡白夫と変人妻-----そんな私達ですから、過去にも色々書いてますが “今月1回もないじゃないY(◎0◎)Y” なんて事もよくあります。その度に私は大して嘆いていないというか、どちらかというと “自分の欲情がどうかしたかも?” と体の反応の方を心配しているんですよね(^^;)
配偶者ともまるで他人事のように “私達相当してないけど、大丈夫かしらん?” などと笑いあって話したりというのも何度もあります。どうかしていると周りからは見えるかもしれませんが、そんな軽い話なのか?とご立腹の方も御出でかもしれませんが、私達夫婦にとってはその程度の事なんです。
うっかり忘れ物をしちゃったーという感覚です。うっかりで済まされない事なんですけど-----まあ人間調子の良いときもあるし悪いときもありますからねー肌を合わせる事はとても気持ちがいいですし、毎度感謝したいくらいサービスもしてもらってますから、行為の内容は悪くないです。相手も十分に満足してくれているらしいですし、女として評価をしてもらえて嬉しいなーというのも味わえますし、全くなくなると凄くつまらないとも感じてます。
でも、忘れます(^^;)一番拘ってる訳じゃーないんですね、私と配偶者の間では。
それで、お互い不満がなくて時々忘れすぎてる事を不安に感じて焦ることはありますが、それぞれが納得していられる程度の間隔をキープできてるので、それで良いと私は思ってます(^^)

しかし、他愛ない会話やスキンシップは駄目なんです!!!
数日間が開くと変になります。一緒に何をするともなく並んでソファで寛ぐとか、どちらかがどちらかにもたれかかって何かをするとか------そういう時間が取れないのは我慢ができません(だから先日愚痴りました)
それこそ私にとってすれ違い生活です!愚痴った時は会社を恨んでましたねー誰がそうさせてるのよ?と自問自答した結果、配偶者が好き好んでこういう状況にあるのではないと結論付け、憎き相手は会社だね!と-----
仕事相手にいらいらしてもどうもならないんですけどね(^^;)
このままだとどうにかなっちゃうんじゃないだろうか?と不安にもなりました。
しかし、突然ですが配偶者が休暇をとりました。
語弊がありますね------休暇をとらざるを得ない状況にまで追い込まれたが本当です。
労働基準法の影響でしょう、あれだけ休日出勤していれば代休が溜まります、それを無理やり消化しないと駄目になったのです。

いいです、理由なんて何でも(^^)
とにかく休暇をとることになりました。
毎日配偶者が家にいます、何もせずに朝からTVを眺めたり昼寝したりしてます、とっても和やかな空気が嬉しかったです。

しかし、休暇は結構な日数でした。そこで彼は急に1泊で出かけよう!言い出した。
いいですよ、子供が休みの日ならどこへでも行きましょう。そうして急遽某所へ旅行に----考えてみれば急に思い立ったのにあんな場所がよく取れたものだと思えるような観光地。ホテルのキャンセルにでも当たったのかな?と思います。思い通りの場所に思い通りの宿が取れて、楽しく家族で過ごせて大満足の1泊でした。
配偶者の休暇と比較するとたった1泊ってのは短いなーと思いましたが、子供の学校があるので仕方ないです、学校休ませてまで遊ぶのはちょっと気がひけますから。
その短い時間は嬉しい事の連続でした(^^)

父親との時間がない第1子の不完全燃焼がとても良い形で解消できたのも嬉しかったです。家族で揃って力いっぱい遊べたのも嬉しかったです。美味しいものをたくさん食べたのも嬉しかったし、いつもと違う環境で過ごせたのも嬉しかった-----あげるときりがない程嬉しい事尽くめでした(^^)
でもねー、それだけ力いっぱい動くと凄い疲れます(TーT)
体力の有り余っている子供の相手を1日中するのも凄い大変ですが、小さな子を連れて泊りがけというのも凄く大変(=_=;) 荷物は多いし、ベビーカーだの抱っこだのと要求が細かいしね。ああ、体がいくつあっても足りないわーどうして暇な時にでも筋トレしてなかったのかしらん?と自分の非力を嘆きました。
それでも楽しいものだから無茶して体使っちゃう、自分も遊びたくて必死なんですよ-----子供みたいな私です(~▽~;)

旅行の朝、早くに家を出ています。それだけでも十分普段とは比べ物にならない位慌しさなのに、到着早々からハイテンションで遊びに興じ子供のサポートをしーと休む暇もなく動き続けていました。更に夜遅くまでそれは続きました-----ホテルの部屋に戻った時は子供達は倒れるように眠ってしまいました。仮眠を取った所でたたき起こしてお風呂に入れるような状態だったんです。第1子は普段1人で入浴しています、それが母の手助けなくしては体を洗う事もままならないような状態-----そんなに疲れるまで満喫できて何よりだわーと旅行へ来て本当に良かったと感じた瞬間です。
第2子は、お風呂はまだ入れてもらってる程度ですからいつもと変わりませんが、それでも寝たままお風呂に入れるというのはあまりない(お風呂が大好きなので寝てたとしても起きます)ので、彼も今日は頑張ったんだなーと思ったりしました。
親の私でさえ、疲労感は凄く正直子供と一緒に一旦仮眠をとってからお風呂に入りました(>m<)完全燃焼してしまったんですねー、年甲斐もありません。
配偶者の手を借りて、なとか2人と自身の入浴を済ませました。疲労困憊の体に暖かいお風呂はとても気持ちよかった-----ホテルのバスが広いのも気持ちよさを向上させたんでしょうねー凄くリラックスできました(^v^)

はい、長い前置きでごめんなさいねー
本編が始まります!


美味しいものをたくさん食べてお腹も満腹で、体力もたくさんつかって気分も爽快で本当に満足!大きな浴槽でゆったりと1日の疲れをとって、ルームバーの冷たいものを飲んで一息ついたんですけど、気づいたら体を横たえたベッドで居眠り。当然といったら当然ですねー年には勝てない(>。<;)
お風呂上りですし、寝冷えでもしたら大変と配偶者が気ままに横たわった私をきちんと寝かせてくれようとしたみたいで、体勢を変えてくれてる感触で目覚めました。

私   “あ、ありがとう。気づかないうちに、寝ちゃったみたい(=。=)”

配偶者“風邪ひかないでくださいねー(^^)”

私   “はい、ちゃんとかけて寝ます(=。=)”

配偶者“一杯やってるけど、飲む?”

私   “お、いいね~(=v=) さっきジュース飲んだだけだったし”

配偶者“やっぱり?何か飲んでたけど空き缶見当たらないから変だなーと思ったんだ”

私   “第1子にお風呂上りに飲ませようと思ったジュース飲んだの
     あの子眠すぎて髪乾かしてる途中でダウンだったから(^^;)”


配偶者“ありゃー、喉渇かないかね?起きるかな?”

私   “喉の渇きと眠気どっちが勝つかね?”

配偶者“長湯してた訳じゃないし、まあ大丈夫かぁ”

私   “どうせ、明日も朝早い予定だから、喉渇いて起きる位の方が
     いいんじゃない?明日起きられない事のが心配だったりしない?”


配偶者“だねー(^-^;)朝起こす方が大変かも
     赤ん坊じゃないもんね。”


私   “でしょー(^皿^)”

配偶者“赤ん坊って言えば、第2子は何か飲んだ?”

私   “眠そうだったから、離乳食は無理なんでミルク飲ませたよ”

配偶者“おおー、じゃあ満腹で朝までぐっすりだね”

私   “今日はそれでなくても色々食べたからねー”

配偶者“食べ疲れしたんじゃないの?”

私   “さー、どうかしらん?”

配偶者“結構楽しそうにしてて良かったよ”

私   “本当だねー(^^)”

配偶者“ま、お互いお疲れぇって事で”

(_^^)p□☆□q(^^_) 乾杯
したたか、配偶者に付き合って飲みまして-------で直ぐに私が酔いまして(オイ)ベッドサイドにあるテーブルで配偶者が飲んでて私はその横のベッドへ腰掛けてお付き合いしてましたが、そのままごろんと横になりうとうと。
またしても振り出しに戻る(本編冒頭をなぞる)

私   “あ、ありがとう。気づかないうちに、寝ちゃったみたい(=。=)”

配偶者“風邪ひかないでくださいねー(^^)”

コントですか?漫画ですか?いえ、実話です(馬鹿嫁)






でも、今度はちょっと様子が違った-----
何がって、私の体勢を直してくれてるはずの配偶者の手つきがヾ(- -;)

やたらとそーっと私の足を撫でて声をかけてきた(‘ー‘;)え?
ベッドの端で横たわってる私を足----腰-----肩-----と順番にそっとそっとベッドの中央へ。
時々その支えてる部分を撫でたりしつつ、掛け布団をまくって私の体を移動させてくれた
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
ゆっくりと移動させてくれた。全身がベッドの中央に横たわった。
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
でも掛け布団をかけてくれつつ自分も入ってくる

何のサービスでしょうか?お疲れな私へマッサージでもしてくれるんでしょうか?
(まさかの添い寝?)若干不可解でしたが、何も言わないので一緒に寝たいのかな?とか私が思いのほか冷えてて温めてくれるのかな?とよく解らない解釈をして、寝ようと息を整えてたら、耳元で配偶者がつぶやく

配偶者“眠い?”

私   “眠いよー”

配偶者“寝ちゃう?”

私   “寝ちゃいそうな位気持ちいい”

配偶者“気持ちいいんだ?”

私   “うん、ふわふわする”

配偶者“そっかー、じゃあこのままふわふわしてて”

私   “うん”

配偶者“寝てもいいけど-----”

私   “いいけど、なに?”

配偶者“寝られるかな?”

私   “何????”

配偶者“もしかしたらーって持ってきたんだよね”

私   “何を?”

配偶者“あれ(>m<)”

私   “えー嘘ぉヾ( ´∀`*)”

配偶者“いやー本当なんだなー。見る?”

私   “見てどうする?”

配偶者“じゃー使う?”

私   “使うんだー”

配偶者“えー、じゃぁ3人目作っちゃう?”

私   “それは断る”

配偶者“いいよー、加齢なのに頑張って2人目産んでくれたので十分だよー”

私   “何の話だよー(゚▽゚;)”

配偶者“いやー3人目じゃないけどお誘いだよー”

私   “それは断らない( ̄ー+ ̄)”

配偶者“よかったよー”

私   “よかったねー”

配偶者“寝ててもいいよー”

私   “寝られないんじゃないの?”

配偶者“寝られるものならね”

私   “何の修行?”

配偶者“いやー、お疲れのようだし”

私   “ああ、眠いですとも”

配偶者“ゆっくりしててねー”

私   “------( ̄▽ ̄;)”

ゆっくり落ち着いている暇なんてありませんでした、どこにあんな余力が残っていたんでしょうか?私以上に彼はこの日遊び倒してたのに----- 疲れ◎* ってやつでしょうか?
まあ、私も疲れをみせない盛り上がりぶりだったんでお互い様かもしれませんが、変な雰囲気で誘われたのも嬉しかったですし、配偶者が用意がよかった(する気満々だった?)のも嬉しかったですし、第2子出産を改めて感謝してくれたのも嬉しかったです(^^v)

翌日もハードスケジュールで夜まで突っ走る予定だったのに、寝る前にもうひと汗かいてしまいました(^^;)
節操なさすぎ-----別に休暇に入ってからしてない訳でもないのに、お恥ずかしい話で恐縮です。

テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

イイやんっ^^

ベタベタし過ぎず、なんか
心地イイ距離感っすね^^

やっぱ、俺の理想です^^

お子さんを産んでも
恋人時代と何ら変わらないペースで
お互いを思いやってる。。。憧れますv-290

やっぱ、俺の理想の夫婦像っすv-410

■ たこ★ぽん さんへ ■

返事遅くなってごめんなさいね(^人^)

> やっぱ、俺の理想です^^
またまたぁ、そんな素敵なお言葉頂戴すると本気にしちゃいますよ(^^;)
いやいや、夫婦漫才のような変な毎日です。和気藹々としているというよりもどこか拍子抜けしてて、片方が怒っていてももう一方は全く気づかないなんて事も日常的で、とてもとても理想として頂けるような状態ではございませんよ。

確かに、子供がいてもそれ以前と変わらない雰囲気というのは間違いないです、子供がいても隣り合って座ったりよりかかったり普通にします。
他所のお宅はあまりない光景かもしれませんが、我が家では普通の体勢なので、子供が勘違いしております(--;)
ソファに普通に座る人は我が家には存在しなくなってしまいました-----第1子は親の膝や足の上に座ります&寝ます(うちはL字ソファで重ならなくても座れるはずなのに TvT)更に最近!第2子までもが、父や母の足やお腹などに乗ってくるようになりました。おちおち昼寝もできないです(><)

えー、気軽に昼寝できない家族になる方法なら間違いなく伝授できますが-----夢見も悪く息苦しいのでお勧めしません(^^;)
実情はそんなものですよーギャグ漫画みたいな夫婦にはそれに見合った子供が産まれます。そして益々おかしな家族を成してしまうのであります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 2009/10/14 09:05 管理人のみ閲覧 さんへ ■

いやいや、お恥ずかしい限りです(^^;)
年甲斐にもなく、こんなことがありまして喜んでしまいました。

それよりも!重要な情報ありがとうございました(^人^)
そうですかそうですか、もう一度チャンスがあるんですね。
メモりました!間違いなく。

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。