FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじけそうになった時

くじけそうになった時------私の前にあなたがいる。
人生色々あるけれど、なんとかここまで生きてきた。
不思議なもので、いつまで経っても大人って気分にはなれないのに、年齢は“初老”(辞書ひくとそうらしいの)なのよね。ああ、私が子供の頃みた大人ってもっと大人だったわ。

毎日特別な事はないけれど、寄る年波に勝てないよで体だけはしっかり老いを感じてる。
でも私には何故か手のかかる小さな子がいるんだわ(自業自得なだけ)
幼い我が子の無茶ふりに一応答えるつもりで頑張るけれど、やっぱり年は年なのねん、筋いためちゃうじゃない。ああ、初老が恨めしい。
そんな辞書に載っていた初老の文字に頭痛めてるとあなたがやってくる。
笑顔で無茶を言う(しゃべらないけど)息子の暴君ぶりに目じりを下げて“はいはい、わかったわかった”とあなたは言う。

彼は無敵の子煩悩オヤヂ
アホちゃうねん、可愛いねん(関西人じゃないけど)
我が子が可愛いと熱出してうんうん唸ってるくせに、抱っこしてあやしてる
アホちゃうねん、可愛いねん(関西にすんだことさえないけど)
さっき入ったばかりの風呂にもう一度息子と入っちゃう
アホすぎる、盲目の愛にも程がある

そんな彼を見ると-----息子が可愛いのかもしれないと錯覚する
いや、だまされちゃ駄目!息子は間違いなくリトル魔王だからー
心で叫ぶけど、オヤヂには通じない
愛って怖い、きっと責任とってるのねん
そう、多分あなたの快感が彼をうんだからー(産んだは私だけど)

もしかするとーもしかすとー
オヤジはオヤジを通り越してじーちゃん気分なのかもしれない!
やっぱり初老、万歳初老



意味不明、申し訳ないです。
いえね、配偶者が悪戯激しい第2子を猫可愛がりするもので、どうも馴染めません(あ、私の夫と息子か?)
彼らはなんであんなにべたべたしているんでしょうか?
もしや息子は父親をじーちゃんと間違えてるんでしょうか?(配偶者と義父はクリソツですけど>m<)
怖いですねーあんな我まま息子が可愛いだなんて----錯覚です!きっぱり。
そうは言いつつ、癒されます。睦まじい親子像をみると-----でもどうせなら、続柄も傍観者になりたいくらいです。だって第2子ったら悪戯が尋常ゃなくなっておりますの。
この悪がきめー
ヾ(。`Д´。)ノ㌦ァ!!
母さんは真面目に怒ってっぞ

誰かあの子をとめておくれよー配偶者そんなに甘いと駄目ですよー
お蔭で私、大変なんですからねぇぇぇ


すっかりやつれた(見た目はそう見えないけど)komakoを可哀想に思ったそこのあなた、是非一言励ましてねchu(*´3`)ノ⌒★

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております(涙)

ホントにご無沙汰しております・・・
やっと復帰しました(涙)
最近やっと以前のkeyに戻った感じです(涙)

以前のアメーバのブログの更新は諦めて
またfc2に戻ってきました★
(浮気はやっぱりダメですね(爆))

もしよかったら。。。また遊びに来て下さい!!
よろしくお願いしますっ!!(泣)
もしよければ。。。リンクの変更もお願いします!

key-note♪ 「幸せは一日にして成らず!!」
http://key2k.blog136.fc2.com/

komakoさんも子育て、奮闘されているみたいですが、
お元気そうでなにより★良かった×2♪

いちばんやんちゃな

時期だもんね。 お疲れ様~。
男の子はそれはそれはすごいから(笑)

男の子はパパと仲が良くていいと思います。
うちみたいに大きくなってくると複雑な部分も出てくるから、
パパは甘え担当、ママはしつけ担当ってことで♪

■ keyさんへ ■

こちらこそ、ご無沙汰しております。

少々一般生活で込み入った事情がありまして、こちらの更新をお休みしておりまして、お返事遅くなってごめんなさい。
お引越しされたのですね、了解しました。後日変更させていただきますのでお時間拝借します。
今後ともよろしくお願いします。

■ おらんじぇ さんへ ■

ご無沙汰しております。

少々一般生活で込み入った事情がありまして、こちらの更新をお休みしておりまして、お返事遅くなってごめんなさい。

子育ては苦手です(^^;)しかも男児は何を考えているのか、さっぱりわかりません。
女児よりも幼いですね、それだけに可愛いという方も多いようですが、私はあまり子供にそういう部分を求めていないので、早々に成長してほしいものです。

配偶者は別の部分の煩悩は薄いからでしょうか、やたらと子煩悩。男女の成長度合いの違いがたまらなく愛おしいようで、息子を溺愛しております。
年齢から言って気分は孫なのかもしれません。まだ大した年齢でもないのに、一丁前の口をきく娘からすると甘えるために必死な息子が一途過ぎて怒る気にもなれないのかもしれません。
私からすると甘える為に手段を選ばない、邪心があるように思えるんですけど、そんな他愛ない要求に必死なのがまた愛らしいんだとか、子供好きの考える事はわかりません。
でも、子供も斜に構える母と無償の愛を注ぐとの具合が気に入っているようで、それなりに上手く使い分けているようです(やはり幼くとも知恵が回るってことですね)
それなりに家族円満なんじゃないかとおもいます(^^)

主人がどこかで男親である事をしっかりと子供に言い聞かせる必要があるみたいですが、その変化に果たして息子がついていけるかどうかの方が問題ですね。
まあ、そこのところは日々のコミュニケーションで補ってもらうとしましょう(他人事のようですね)

ゆっくり親子関係を築けたらいいなと思います。

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
07 ←2018/08→ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。