FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は検討中

実はね、引っ越しを検討しているんですよ-----
ブログで引っ越しというと、ブログスペースを移動すると思っちゃう方もいるかしらん?

違いますよ!現在の住まいです、別の土地へ移動しようかな?という、普通のお引越し!!

随分前から話は出ていたんです。
当時は、私の一存というか引っ越しましょうよ、その方が我が家の為だわと私一人が言い切ってまして、配偶者はどちらかというと-----貴女がそこまで言うならいいですよ なんて感じでした。

配偶者の転勤が決定して、彼も今のままは家族に負担がかかるかな?と感じたようで、引っ越しに乗り気になってくれた矢先に、第2子懐妊。持病があるし通いの総合病院で出産するのが無難だろうと、延期にはしましたが私の産後が問題ないのなら、引っ越し検討を再開しても良いと約束してくれました。
しかし、残念ながら私の持病だけでなく、元来子育てに不向きな私には第1子の学校行事と第2子の子育てと私の母の発病で、とても物件を見て回る余裕などなく、気づけば3年が経過してしまいました。

母の容体は一旦安定していたものの、去年の春頃から悪化の兆しが見られ、今までのように呑気な対応では足りなくなり始め、私も肝を据える必要がでてきたのかもしれないとなり、週末はできるだけ母の事に時間を割くようになりました。
基本的に自宅療養を望む母は、定期的に通院する形で病気と付き合っており、遠方に住まう子供達に心配をかけないように、介護なども充実させて日々生活しておりました。
体が動くうちは身の回りの最小限だけでも自分でする!と頑張る母、その気持ちが母の病気と戦う意欲にもつながると信じて、子供たちも母の思う通りを続けました。
時折、入院をすることもありましたが、逆に病院にいる方が家族は安心。完全看護ですし食べる心配だけでなく病気の症状チェックもしてもらえるのですから、有難い以外の何物でもありません。
しかし、本人病気を自覚しないことで永らえるタイプのようで、動けるようになれば即座に退院を望むの繰り返し。
そんな日々、母の症状が急変しました。
それでも病院の即座の対応で、一度は盛り返したのですが、やはり母の体は限界だったのですね、去年末母が逝去しました。

母逝去で、色々としなければならない事が出来た訳ですが、子供に負担をかけない闘病生活を頑張った母の為、母の死後の手続きなぞ努力を惜しんではいけないと、奮闘の日々です。
兄弟との連携もあり、何とかそれぞれの作業は進んでおります。
法要がしばらく続きますが、それも随時勉強しつつ段取りを取る予定です。

そうして気分が落ち着くと、今我が家に必要な作業が目の前をちらつきます。
娘として残された家族として私が母のためにこなさないとならない作業はわかりますが、私にも家族がいるのです。
その家族に私が母として妻としてしなければならない事------本当は不慣れな作業をこなしつつも日常を健やかにおくれる環境つくりがメインと言いたいのですが、我が家現状が本当にベストの状態なのか?という疑問が頭を持ち上げたのです。

そう、引っ越しです!!

引っ越しをしよう!と最初に思ったきっかけは、配偶者の通勤時間です。
それまでの3倍もかかってしまうのです。
1日は24時間しかないというのに、ただでさえ仕事が忙しい配偶者。そこへ長時間の通勤が加わるのは、彼にはマイナスにしかなりません。
彼の帰宅が遅くなることで、子供達も影響をうけます。
悲しいかな、我が家の子供は生粋パパっ子。いつもならそろそろ帰宅しても良いのにねーという時間になっても父の姿はない訳です。
人間関係の複雑化の激しい第1子など、父と顔を合わせるために、まだ陽も登らぬうちに起床しなければならない父に合わせて異常な早起きをするようになりました。
学校へ行く何時間も前に起床するのは悪い事ではないですが、前夜の就寝時間を考えるととても睡眠が足りているとも思えませんし、寝不足で学校へ行くのを推奨はできません。
結局、挨拶を交わす程度で我慢するように言い聞かせ、配偶者が家を出るころに起床を合わせるという事で納得はしてもらったのですが、会話をする訳ではないので休日出勤が続くと父親とまともに顔を合わせる事ができない有様です。

そんなお宅は世の中に五万といるのかもしれませんが、我が家にとってはこれは一大事なのです。
こんな日々、誰のためにもなりはしません。
少しでも交通の便が良くなれば、子供との時間を増やすのが簡単と知っているのに、手を付けないというのはやはり私の怠慢としか思えないんです。

そんな訳で、引っ越し計画を練る事にしました。
しかし残念ながら、今年は法要などもありますので、直ぐには行動が起こせません。
法要だけならまだよいのです、実家に住まう最後の人物である母は、私の実家の菩提寺の最後の守り人でもあったのです。それを誰がどのように継ぐのか-----今年行わなければならない、法要一切を取り仕切るだけなら引越しも合間で可能な気もしますが、私が実家のお墓を継ぐことになったので、お寺さんとのやり取りや墓石の作り替えといった複雑な話もこなす必要がでてきてしまいました。更に実家にあったお仏壇を引き取る事にもなりましたし------住居を探したり移したりという事をそれらの合間に行うのは、私には不可能な気がします。

今度引っ越しをすれば、それは配偶者との終の棲家になるでしょう、子供たちを巣立たせるのもその家だと思います。更に、老後もそこで暮らすとなると、安易に決定することはできません。
しかも、現在も住まいも持家なので処分をしないとならないのです。
こんなにやる事がたくさんあるというのに、更に実家の事もするんですね-----無理はできないです。
どれもこれも、それなりに問題なくこなすには時間をかけるべきだと思いました。
地道にひとつずつ消化する予定です。
どこまで何ができるかわかりませんが、来年の今頃を終了予定(1~2ヶ月は延長OKとして)に行動を開始します。
まずは、母の法要メインで半年。
その合間を縫って、引っ越し先探し。どんな土地へ引っ越すのか、実は全く見当がついておりません。この辺はいいんじゃないだろうか?なんて想像ができていない訳ではないのですが、実際に知り合いが済んでいる訳でもないので、その街を下見くらいはしたいものです。
子供が既にいるので、学校や幼稚園といった教育機関などとの兼ね合いもありますし、現在の住まいで不足している点などを改善するような街でなければ引っ越す意味もないと感じていますので、できるだけ納得のいく場所探しをしたいと思っています。

場所が決まれば、後は物件探しです。
物件探しは素人のできる事ではないので、プロにお任せします。しかし、それと合わせて現在の住まいをどう処分するのかも相談しなければなりません。住み替えと言っても持家があるので、タイミングが大切です。売れずに長期では、懐がもちませんし、だからといって原価割れするような価格をいきなりつける気にもなれません。
なんとか納得価格でタイミング良く買い替えできたらなーと願っております。

今後はこんなつぶやきが増えるかもしれません。
いえ、増えないかもしれないですね-----時間が随分ありますから。
とにかく、多忙です。普段の生活もありますし、簡単ではありませんが力の限り頑張ります!!

コメントの投稿

非公開コメント

忙しそうですね f^^;

ひさしぶり!

私もです^^
なーんか気がついたらもう3月じゃん、って。(笑)
ほんと時間ばっかりが経つよねえ。

お母さまのことお疲れ様でした。
お引越ししたい、わかるような気がします。
いい物件が見つかるといいですね。

■ おらんじぇ さんへ ■

ごめんなさい!!
書いたはいいが、実家の事などで大忙しになり、やっと一息ついたら大地震・・・・震源地ではないものの、こちらも大揺れしたもので、しばらくはバタバタしておりました。
あれよあれよと言う間に、今度は新学期が始まったり。学校の耐震工事繰り上げで秋の学校行事が前倒しになったりで、1学期はビックリするほど忙しく母子ともに落ち着かない毎日を過ごしました。

もう梅雨ですね-----お返事遅くなって申し訳ないです。

あれよあれよと言う間に、時間は過ぎて来月は母の初盆です。今はその準備をし始めました。
お寺さんへのご挨拶や一周忌の準備なども連絡を早々にさせてもらわないとならないとの事で、何だか全く落ち着きません。
引っ越しの話もだらーっと間延びしたまま、頓挫中です。

毎日目の回る感じで、何をしていたら夕暮れになったのか自分でもわからない状態。
ブログ更新が全くできず大変失礼しました。

お元気でお過ごしでしょうか?
我が家、先日ついに夫婦で順番に息切れしてしまいまして-----寝込みました(><)
こういう気温が定まらない時期は危険だとわかっていたのに、学校行事の無理で私がダウン。その直後残業続きが原因でしょうか?配偶者ダウンです。年齢も考えずバカみたいに頑張るからですね-----反省しております。
朝夕は若干冷えたりもするかと思えば、日中は随分気温上昇したりします、おらんじぇさんもご自愛くださいねー

もう少し落ち着いたら、再開したいとは思っていますが-----どうでしょう?
ゆるゆる更新かなー頑張ります

いらっしゃいませ m(^ ^)m m(_ _)m

ようこそ、御出で下さいました!   ディープなkomakoの日常をご堪能ください。
最近の記事
カテゴリー
komakoのお勧めリンク

【素材借用させて頂きました】
★相互LINK募集中★
お気軽にコメントにてお知らせ下さい
komako 基準で検討をさせて頂く事はございますが、難しい事は申し上げるつもりはございません、どうぞお気軽に(^-^)

*管理者ページ*
プロフィール

komako

Author:komako
<筆者>
 愚妻で駄母(ダママ)= komako (♀)

<筆者に話題提供する主な人物>
 結婚歴●×年、最愛の人=配偶者
 愛の結晶その1=♀(もう親離れ)
 愛の結晶その2=♂(まだ新生児)

-------------------------------
 komako を取り巻くおかしな人々の
 極ありふれた日常をノンフィクション
 でお送りしております
-------------------------------

ご訪問、感謝です
ONマウスでアクセス詳細表示します


現在のご訪問= 名様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
カレンダー
09 ←2018/10→ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。